倉都康行の世界金融時評
このコラムについて

倉都康行の世界金融時評

日本、そして世界の金融を読み解くコラム。筆者はいわゆる金融商品の先駆けであるデリバティブズの日本導入と、世界での市場作りにいどんだ最初の世代の日本人。2008年7月に出版した『投資銀行バブルの終焉 サブプライム問題のメカニズム』で、サブプライムローン問題を予言した。理屈だけでない、現場を見た筆者ならではの金融時評。

⇒ 記事一覧


著者プロフィール

倉都 康行

倉都 康行

RPテック代表

1955年生まれ。東京大学経済学部卒業後、東京銀行入行。東京、香港、ロンドンで国際資本市場業務に携わった後、1997年よりチェースマンハッタンのマネージングディレクターを務める。日本金融学会会員。

記事一覧

倉都康行の世界金融時評 次の一覧へ

関連記事

記事を探す

読みましたか〜読者注目の記事