• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

個人の大損害を防ぐファイナンス4つの経験則

「金融教育」が行われないのは関係者の不作為?

2012年3月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 金融不祥事が続く一方で、2012年に入ってからの金融市場は少し明るさを取り戻しています。簡単に言ってしまえば株価が上がっているからです。

 今年1月以降の日経平均の上昇には目を見張るものがあります。1月に8500円を割り込んでいた日経平均が、現在は1万円前後に戻っています。わずか2カ月半で20%近く上昇したことになります。

 「上昇」ではなく昨年夏の水準に「戻った」だけという言い方もできるでしょうが、理由はどうあれ、現金なもので株価が上がると多くの人々の表情が明るくなり、投資や運用についても寛容になるようです。投資信託の販売額なども昨年夏以降に落ち込んでいたのが今年2月から大きく増加しているようです。

 今回は個人にとって必要なファイナンスについて考えます。多くの個人が生きていくうえで、大きな失敗を防ぐのに必要なファイナンスの原理・原則は、それほどたくさんあるわけでも難しい内容でもありません。

また同じ失敗が繰り返されるのだろうか?

 マーケットが明るさを取り戻す一方で、明るくなれない人も大勢いることは想像がつきます。投資信託が売れていると書きましたが、実は解約も一瞬増えています。その動きは矛盾しているようで矛盾してはいません。買っている人と売っている人、それぞれが別の事情でそのような行動をとっているのです。

 売っている人の事情はこうかもしれません。昨年かそれ以前の高値で投信を買ったのは良いが、その後の値下がりでしばらく塩漬けにして、最近のマーケットの戻りで損切りをしている…。

 売られているのも中国、またはブラジル関連かもしれません。中国関連投信は前のオリンピック直前くらいが人気のピークで、ブラジル人気の頂点は2010年から2011年の春にかけてでした。問題は中国かブラジルかでなく、そのどちらもが人気化した後に価格が下落したということです。

 個人の投資や運用で、同じように高値で買って安値で売ることは何度も繰り返されています。それがこれからも繰り返されるのでしょうか。

大きな失敗を防ぐ知恵

 株式投資や為替のFX取引に関心を持つ人がこれほど大勢いる一方で、投資に関係したファイナンスという学科がどうしてこの日本で敬遠されるのか不思議な現象です。

コメント4

「10分でわかる だまされないためのファイナンス超入門」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック