• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ユニクロはまだダサいのか

ブランドイメージの刷新に挑む銀座店

2012年4月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月16日。東京・銀座には、早朝から2つの行列ができていた。1つは、その日発売されることになった、米アップルの新型iPadを求める行列。アップルストア銀座店へと続いている。そしてもう1つが、そこからわずか数百メートル先にある、ユニクロ銀座店の開業に集まった人々の列である。

ニュアンス異なる柳井会長兼社長の発言

 ファーストリテイリングは2020年に売上高5兆円、経常利益1兆円という目標を掲げている。これを実現するため、海外での大量出店を進め、年200~300店のペースで世界各国に出店する。特に経済成長の著しい中国、アセアン諸国への出店攻勢は目覚ましい。

 それと並行して、2006年からはユニクロのグローバル旗艦店を展開。2006年の米ニューヨークを皮切りに、世界各国の一等地に店を構えてきた。

ユニクロのグローバル旗艦店
開店時期 国・地域 店名
2006年11月 米国 ソーホーニューヨーク店
2007年11月 英国 311オックスフォードストリート店
2009年9月 フランス パリオペラ店
2010年5月 中国 上海南京西路店
2010年10月 日本 心斎橋店
2011年9月 台湾 明曜百貨店
2011年10月 米国 ニューヨークフィフスアベニュー店
2011年11月 韓国 明洞中央店
ユニクロは世界7都市に8つのグローバル旗艦店を出してきた

 そして2012年の3月、東京・銀座に世界最大規模のグローバル旗艦店をオープンさせた。銀座店オープン前日の記者会見で、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、次のように強調していた。

 「グローバル経済の波が押し寄せる中で、日本は、アジアの、そして世界の中の日本へと変わりつつある。日本市場だけを見ていると、少子化や高齢化によって国民全員が閉塞感を抱き、将来に不安を持っている。だが、アジアの一員として日本を見ると、莫大な可能性があることがわかる」

 「ターゲットは日本国民1億2000万人から、50億人へと変わるのだ。アジアは今、世界の主要企業が集まり、ビジネスのオリンピック状態。ユニクロは今後、中国やアセアン諸国、マニラ、ジャカルタなど、アジアの大都市全てが主戦場になる」

 「ユニクロがアジアの各国で、そしてグローバルでナンバーワンブランドになるためには、まず日本で圧倒的なナンバーワンブランドにならなくてはならない。そのために、この銀座店を作った。東京・銀座は世界各国のブランドが毎日激しい競争を繰り広げている場所。ユニクロをグローバルブランドにするためには、銀座への出店は欠かせなかった」

 つまりアジアや世界での競争を見据え、日本一の商業地である銀座でも存在感を示すためにグローバル旗艦店をオープンさせた、というわけだ。

 この話だけを聞くと、柳井会長はユニクロを、世界ブランドとするために銀座店を開いたように感じられる。もちろんその狙いもあるだろう。

 だが銀座店オープンから遡ること約1カ月前。テレビや新聞、経済誌の記者向けに行われたユニクロ銀座店の説明会では、オープン前日の記者会見とは異なるニュアンスの狙いが、柳井会長の口から語られていた。

3月12日に開業したユニクロ銀座店。地上12階建てで、売り場面積は約5000平方メートル。「年商100億円を目指す」と柳井会長は意気込む

コメント29件コメント/レビュー

コメントを読んでユニクロ嫌いが多い事はよく理解した。(2012/04/25)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ユニクロはまだダサいのか」の著者

日野 なおみ

日野 なおみ(ひの・なおみ)

日経ビジネスクロスメディア編集長

月刊誌「日経トレンディ」を経て、2011年から「日経ビジネス」記者。航空・運輸業界や小売業界などを担当。2017年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメントを読んでユニクロ嫌いが多い事はよく理解した。(2012/04/25)

 「ユニクロなら、機能性や品質、価格面での失敗はないはず」だったはずなのに、品質やデザインの割に価格が高くなり、「ユニクロなのに、機能性や品質、価格面で失敗して」しまっているからこそ、ヒートテック以外のものが売れなくなっているのではないでしょうか。 また、「ロードサイド店」だった時代は「ユニクロ君」よりずっとずっと前のことですよ。勘違いしておられませんか。(2012/04/08)

論点はずれますが、ユニクロは本気でシニア市場へも乗り出せばいいのに、と思っています。シニア体型を考慮した上で、機能性やベーシックという路線のラインを作れば、最強かも。個々のアイテムに関しては、何だこれは、と思うものはあっても、全体としてみれば、ユニクロにダサいというイメージはもっていません。ただ、大勢が買えばそりゃかぶるだろうから、変に凝ったようなつもりのデザインを増やすのは逆に足を引っ張るのでは。(2012/04/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授