• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「やり切る習慣」のない組織に会議をやる資格はない

【4】脳の基礎体力を下げる「相談」会議のループ

2012年4月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回の「IT断食」と「脱会議」の両方を妨げる組織の病巣から読む)

 4月5日に発売された拙著『脱会議 今日からできる! 仕事革命』(日経BP社)。おかげさまで出足好調です。ご購入いただいた方は誠にありがとうございます。まだの方はぜひお手に取ってみてください。

 さて、今回は「会議」と「脳の基礎体力」について考えていきたい。

 会議に関して、いろいろと問題を抱えている組織は多いと思われる。

 しかし一見すると、複雑に絡み合っているように映る問題が、遠い場所から眺めてみると、実のところ極めて単純だったということがある。

 「会議」に関する問題も、多くの場合は単純だ。例えば、である。最後に「相談」というフレーズで終わる会議がある。皆さんが参加する会議でも、このような「うわべだけの言い回し」を上司と部下とで投げ合い、やり過ごしている会議はないだろうか。

2人で話せばいいことを会議で話す無駄

 次の会話事例を読んでもらいたい。

  1. マネジャー
  2. 「このアクションプラン(2)の項目に書いてある行動はどうなってるの?」
  3. 部下
  4. 「ああ……。いろいろとバタバタしていて、すみません」
  5. マネジャー
  6. 「進捗を教えてよ。どこまでやったの?」
  7. 部下
  8. 「ええっと……。まだ、ちょっと手つかずのままです。申し訳ございません」
  9. マネジャー
  10. 「申し訳ございませんって……。あのさ、これって3カ月前に決めたことだよ。しかも自分でコミットした行動だよね? いつでも相談に乗ると言ってるんだからさ。大変なのは分かるけど、キッチリやってくれないと」
  11. 部下
  12. 「本当に申し訳ありません」
  13. マネジャー
  14. 「それで、どうするの?」
  15. 部下
  16. 「はい。他業務をもう少し効率化してやっていきます。また相談に乗っていただけませんか」
  17. マネジャー
  18. 「うん。君が大変だっていうのは、みんな分かっている。いつでも相談に乗るから、とにかくコミュニケーションを密にしてやっていこう」
  19. 部下
  20. 「かしこまりました」

コメント16

「脱会議 Special Edition」のバックナンバー

一覧

「「やり切る習慣」のない組織に会議をやる資格はない」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック