• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

企業城下町の曲がり角

ニッセイと消防隊と自治会を訪れて

2012年4月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年2月末、茨城県日立市を初めて訪れた。同市は言わずと知れた企業城下町の典型である。知名度に比して駅も市街地も驚くほど小さいが、“お殿様”である日立製作所、通称「ニッセイ」(地名との混同を避けるため、こう呼ばれている)のお膝元である。同社はその誕生から100年余りの間、同市に多くのインフラを提供してきた。「企業立」の病院である日立総合病院は、事実上の市立病院として機能しており、鉄道やバスといった交通インフラはニッセイの子会社が運営を担ってきた。そんなお殿様が田舎町にもたらした中に「連合消防隊」も含まれる。

 今年、創設93年目となる連合消防隊の隊員は、全員が社員で構成されている。普段は生産現場や人事、総務などで働いている。消防隊としての手当は付くものの、ボランティアに近い形で加わる。人材教育の一環として、有望な若手社員が送り込まれることも多い。

 「連合」という冠が付くのは、市内にあるニッセイの事業所5つごとにある自衛消防隊を合わせた組織だからだ。初代隊長は、ニッセイ創業者である小平浪平氏。その後も栄えある隊長職は、社長や工場長が務めてきた。本来は事業所内の火災に対応するための存在だったが、行政の消防隊が装備面で貧弱だった戦前は、工場とは関係のない火事でも、時には連合消防隊が先に駆けつけて消し止めたという。

 江戸時代の火消しが町の人気者だったように、日立市内でもニッセイの消防隊員は目立った。工員に制服がない時代から、消防隊参加者だけは制服制帽が支給されていたからだ。非常事態に識別しやすいという配慮からだが、消防隊員を特別な存在たらしめる要素だったのは間違いない。現在も他の工員が薄緑の服を着ている中、消防隊員は勤務時間も濃紺の制服を身にまとっている。

 連合消防隊には定員(現在は177人)があるので、希望者の誰もが入隊できるわけではない。ゆえに隊員たちには「エリート集団」としての誇りがある。消火技術である「操術」は先輩から後輩への口伝で指導していくので、組織には独特の一体感と、世代を超えた連帯意識がある。

 任期は特になく定年退職まで続ける者もいれば、昇進や異動を機に離れる者もいる。日立GEニュークリア・エナジーの渡邊昭夫・原子力製造部部長は、2010年4月から第37代連合消防隊長を務めている。一時期、社業に専念した時期はあるものの、1985年入隊という長いキャリアを持つ渡邊部長は「タイミングもあるので、志望していてもかなうかどうか難しいが、実は連合の隊長になりたくて仕方なかった」と語る。

第37代連合消防隊長の渡邊昭夫氏(左)と、同隊員の本間利明・日立製作所電力システム社勤労部主任。消防車には日立製作所のエンブレムが輝いている

 渡邊隊長は古き良き連合消防隊を知る最後の世代かもしれない。今より訓練回数が多く、隊員の平均年齢が高かったから年配の先輩から厳しい指導もあった。それでも、市内では羨望のまなざしで見られていた。先輩の中には、飲み屋でツケで飲み、店を出るときに制帽を置いていったという猛者もいた。

コメント0

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「企業城下町の曲がり角」の著者

上木 貴博

上木 貴博(うえき・たかひろ)

日経ビジネス記者

2002年に筑波大学を卒業し、日経BP入社。「日経ビジネス」「日経情報ストラテジー」「日経マネー」編集部などを経て、2016年4月から現職。製造業を中心に取材中。趣味は献血(通算185回)。相撲二段。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授