• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

経済成長は七難を隠す

脱成長論を考える(上)

2012年4月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私はこれまで、その期間を言うのが恥ずかしいほどの長い間、日本経済を観察し続けてきた。この間にはいろいろな出来事があった。ニクソンショック、石油危機、円高、バブルの生成と崩壊、リーマンショック、そして東日本大震災などである。そのたびに日本経済は苦しい状況に追い込まれ、「日本経済は沈没する」「日本経済はもうだめだ」という議論が繰り返されてきた。

 しかし私は、それぞれの局面で「いや日本経済には適応力があるから、経済環境の変化に応じて再生するに違いない」と考えてきた。要するに常に楽観的だったのである。余談だが、80年代後半に日本経済研究センターで経済予測を担当していた時は、楽観的な予測を出し続け、金森久雄氏(当時の会長)、香西泰氏(当時の理事長)、小峰(当時の主任研究員)は「楽観派3K」と呼ばれたものだ。事実、日本経済は変動相場制に適応し、石油ショックを機に省エネルギー型の産業構造に転換し、危機のたびに一皮剥けて新しい歩みを再開するということを繰り返してきたのである。

 ところが悲しいことに、私は、最近「これは本当にだめなのではないか」と思うようになってきた。遅々として進まない財政再建や社会保障改革、進まないどころか逆行しつつある構造改革、グローバル化どころかますます内向きになる政策姿勢、そうした中で確実に進行しつつある人口の少子高齢化、そして絶望的な政治の姿。どれを取っても「これって本当に解決するのか?」と思われることばかりである。

 このシリーズでは、こうした日本経済が直面している諸課題を取り上げ、私が感じている危機感を伝えたいと考えている。そして、その危機感が少しでも多くの人に共有され、私の悲観的な見方が覆される方向に進むことを期待したいと思う。

再び注目される経済成長

 最初に取り上げるのは「経済成長」である。このところ「経済成長」は、いくつかの側面で注目されている。

 第一に、「これ以上の成長は必要ないのではないか」という「脱成長論」が強まっているように見る。「もう物質的な欲望を充足させようとするのは間違いだ」「ブータンのような、国民の9割が幸福だと言えるような国になろう」「地球環境問題という観点からも成長は難しい」といった議論が聞かれるようになっている。

コメント44件コメント/レビュー

経済成長というものは、はたしていつまで続けることができるのか。地球という有限の世界において、無限の経済成長は可能か?また、先進国の多くの家庭において、必需品が充足されてきた現在、経済成長は本当にどこまで可能なのか、そろそろ、こうした上限を意識した議論が行われるべき時期ではないか。ケインズが生きていた上限を意識しなくてもよい時期ではなくなったにもかかわらず、経済の専門家は、未だにケインズから何の飛躍できずにいる。(2012/04/30)

「小峰隆夫の日本経済に明日はあるのか」のバックナンバー

一覧

「経済成長は七難を隠す」の著者

小峰 隆夫

小峰 隆夫(こみね・たかお)

法政大学大学院政策創造研究科教授

日本経済研究センター理事・研究顧問。1947年生まれ。69年東京大学経済学部卒業、同年経済企画庁入庁。2003年から同大学に移り、08年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

経済成長というものは、はたしていつまで続けることができるのか。地球という有限の世界において、無限の経済成長は可能か?また、先進国の多くの家庭において、必需品が充足されてきた現在、経済成長は本当にどこまで可能なのか、そろそろ、こうした上限を意識した議論が行われるべき時期ではないか。ケインズが生きていた上限を意識しなくてもよい時期ではなくなったにもかかわらず、経済の専門家は、未だにケインズから何の飛躍できずにいる。(2012/04/30)

数字でしか物事を判断できない人が批評すべきではないと思います。簡単に成長できない時代に、成長に答えを求めるのは論外でしょう。これは、日本一国の問題ではなく、世界共通の問題として考えるべきだと思います。一国の成長は、世界全体で見れば、その一国で富を寡占することであって、それで南北問題が発生すると認識しています。世界全体で、数字上の富とは異なる新しい富の基準について、もっと深く議論されることを望みます。(2012/04/29)

荒っぽい言い方をすれば、今の資本主義思考では金の流量が経済成長を示している。だから、落語の酒の話は的を得ていて、仕手戦で株価をつり上げているようなもの。日本という桶の中味は増えて(成長して)いないのに 経済が活生化しているため、成長しているように錯覚する。本来なら、桶の外から物を取り込み(買って)、価値を高めて外に売ってこその経済成長のはず。しかし、これにもさらに大きな盲点があって、桶の浮かんでいる大海にしても有限であり、大局的に見れば落語の酒の話とかわりはない。早い話が、世界が無策に広がる(と思っていた)大航海時代には成立したが、すべての物事が有限であるとわかってしまった現代では「資本主義思考よ、おまえはすでに死んでいる」と言う事であろう。(2012/04/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長