• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最高の料理を競う「社員食堂選手権」があると面白い

2012年5月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近は社員食堂が話題になっていますね。僕が新卒だった頃(今から15年以上も前)は、社員食堂といえば大手の企業ぐらいしかなく、あまりおいしくなさそうというイメージでした。が、最近は、企業の社員食堂だけを取材した媒体があったり、タニタ食堂のように社員食堂から一般に販売する弁当が出てきたりと、ずいぶん注目を集めています。

 そもそも社員食堂は、社員への福利厚生です。大企業であれば、多くの社員がいますので、ある程度の提供ボリュームとなるため安い値段で食事を提供して、それなりに社員満足度が高ければ、コストメリットもあり、福利厚生につながるというわけです。

 しかしながら、食文化が多様化していく中で、安かろうまずかろうで提供している社員食堂の魅力は薄れています。周囲に飲食店の選択肢が非常に少ない環境ならまだしも、その立地を除けば福利厚生としての魅力はそれほどないでしょう。また、たとえば飲食関係を事業とする会社であれば、社員食堂がレシピ開発のマーケティングの場になるのでレシピ開発も一石二鳥でしょうが、そうでもなければレシピ開発にそこまで力を入れる必要もなく献立もそんなに変化はしません。僕の新卒のころの社員食堂の状況はそんな感じだったのではないかと思います。

最高のシェフを雇ったグーグル

 そんな中で、Googleが最高のシェフを雇ってすごい社員食堂をつくった頃から、社員食堂の価値が見直されてきたのではないかと思います。

 実際Google本社のあるアメリカの郊外は、ちょっと食べにいくのにも車を出さなければならない非常に面倒な環境ですので、社内に美味しいレストランがあり、かつそれが社員価格であれば、それ自体が福利厚生となり、採用上も有利に働くところまでいきます。

 しかも、IT企業のエンジニアは意外と「めんどくさがり屋」も多いのではないでしょうか。わが社のCEOも放っておくと本当に「めんどくさがり屋」なので、雨の日はまず食事しにいきませんし、出前かコンビニで全部の食事を済まそうとします。つくりたいものがあり少しでもコードを書く時間に費やしていたい人は、食事に行く時間すらも惜しいのでしょうか。そんな人たちにとっては、コストメリットだけではなく物理的距離としての魅力が社員食堂にはあるのかもしれませ。

 我々カヤックも本社の1Fにどんぶりカフェbowlsを運営しています。こちらは社員食堂ではなく(社員割引はありますが)、鎌倉という土地柄観光でいらっしゃる方、地元の方にもご利用いただけるように、手づくりのこだわったご飯を提供し事業としてやっています。しかし、雨の日などは少し外を歩くのが億劫なので、カヤックの社員でお店は埋まり、まさにカヤックの社員食堂と化してしまいます。もしかしたら、意外と社員食堂は福利厚生としての価値が高いと言えるかもしれません。

 そしてそれを裏付けるがごとく、昨今のシリコンバレー業界では、社員食堂がなかったとしても、どんな賄い制度があるのか?が1つの企業の魅力となっていると聞きます。

 しかしながら、Googleが社員食堂に力を入れたのは、それだけGoogleの経営状況が良好であるという事情と、アメリカのオフィス環境事情と、エンジニアの多いIT業界だからという合理的な判断のような気がします。世界を見渡せば社員食堂に美味しさを求めている状況はまだまだ非常に少ないはずです。

 そんな中で、昨今の日本の社員食堂に対する価値の見直され方は日本ならではの価値観なのではないかと個人的には思っています。

コメント0

「ビジネスという“奇妙な冒険”」のバックナンバー

一覧

「最高の料理を競う「社員食堂選手権」があると面白い」の著者

柳澤 大輔

柳澤 大輔(やなさわ・だいすけ)

面白法人カヤック代表取締役

1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。数千~数万人規模のネットサービスを幅広く展開。ユニークな人事制度や、ワークスタイルなど、制度面も実験中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師