• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

仕事のミスをビックリするほど無くす方法を考えた

2012年5月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

今回は、ミスについての話をします。

 仕事をしていると、あの人はミスが多い。あるいは、ミスが少ない。
そんな風に周囲から言われていることがあります。ミスという言葉は、どのようなコンテクストで使われているのかによってその意味はことなりますが、今回は、使われるシーンとしては仕事に限定し、ミスの定義として丁寧で正確ではなく仕事が雑であるとの定義の上で考えてみたいと思います。

 実際にしょっちゅうミスばかりしている人としない人とがいます。ミスが多いかは、ある程度性格も関係していると思います。緻密なことに向いている人と、非常におおざっぱなことに向いている人というのは確かにあるようです。また、処理能力の高い人はもともとミスが少ないという傾向があります。

 だからといっても、ミスが多いのはもともとの性格や能力だからしょうがない。そういって済ませてしまってはいけません。

それでは誰もあなたと仕事をしたいと言ってくれる人がいなくなります。

 仕事をする以上、ミスは少ない方がいいのです。
 では、どうやったらミスが少なくなるのでしょうか。

どうしたらミスが少なくなるのか?

 そのひとつの方法は、仕事をする上で緩急をつけることです。
ミスが絶対にあってはいけないシーンと、多少あってもいいシーンをみきわめて自分の集中に強弱をつけるということなのです。

 実は、この思考をもって仕事をしている人は意外にも少ないことに気が付きます。

 たとえば社内でも社外でも、この人に高く評価されるかどうかが自分にとって今後仕事を進めていく上で重要になると思えば、その人に頼まれた依頼は絶対、丁寧にやらなければなりません。

とか。
あるいは、ミスが起きてしまった直後は、得てして2次災害が起こりやすい、だからこそ、その直後は今まで以上に慎重に行動しなければならない。

とか。

コメント0

「ビジネスという“奇妙な冒険”」のバックナンバー

一覧

「仕事のミスをビックリするほど無くす方法を考えた」の著者

柳澤 大輔

柳澤 大輔(やなさわ・だいすけ)

面白法人カヤック代表取締役

1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。数千~数万人規模のネットサービスを幅広く展開。ユニークな人事制度や、ワークスタイルなど、制度面も実験中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長