• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「システム思考」の欠如が招いた原発事故

【第1回】有事に不可欠な思考のループを準備せよ

  • 木村 英紀

バックナンバー

2012年5月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本のものつくりの素晴らしさをたたえる本は巷にあふれていた。3・11以後この論調は影をひそめたようである。震災と原発事故で日本の科学技術の力不足が誰の目にも明らかになったからと思われる。ものつくりの技術力が原発事故では十分発揮されず、ずるずると事態の悪化を招き、あげくの果てにアメリカやフランスの力に頼らざるを得なかったのは何故か? このような疑問を感じている読者は少なくないはずである。

 この疑問に答えるべき日頃饒舌な技術ジャーナリストや科学技術史の論客たちはおしなべて沈黙しておられるようである。私はこれまで日本の科学技術について、ものつくり礼賛とちょうど逆の位相から私見を述べてきた(『ものつくり敗戦』)。科学技術の主役は「ものつくり」から大きく転換し、その潮流変化に日本の科学技術は対応できていない、というのが私の分析であった。

「全体像を見る視点」を「システム思考」と捉える

 福島原発事故の発生以来1年を経過し、事故の実相が詳細に明らかになりつつある。はっきりしてきたのが、現場で厳しい環境の中で危険を冒して仕事を遂行した作業員や消防士、自衛官など多くの勇気ある人々が存在した反面、現場の苦闘を結びつけて実を結ばせるための東京の「司令部」がほとんど機能を果たせず、ある本の表現によれば「国家の中枢が機能不全に陥っていた」ことである。

 同じことが70年前にあった。太平洋戦争で顕著だった「精強な兵と無能な司令部」という対比である。国家の命運がかかるという点では共通している原発事故対応がそれを再現してしまった。私にはこのことが、要素技術の開発には強いがその成果をシステムとして統合して社会に生かすことの不得手な日本の科学技術の姿に重なるのである。

 昨年末に出された「東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会中間報告」(以下「報告書」)は、資料編を加えると700ページを超える大作であるが、その末尾を3つの「小括」として締めくくっている。そのひとつが「全体像を見る視点の欠如」である。報告書に描かれている錯誤と蹉跌に満ちた事故対応のさまざまのディテールは、この視点から眺める時、ひとつの鮮やかな像を結ぶ。

 私は「全体像を見る視点」を「システム思考」と捉えたい。システム思考の欠如が今回の事故の重大化をもたらした。逆に、システム思考が理想的に作動していれば、事故は防げたか、あるいは少なくともあのような深刻なものとはならなかったはずである。このことを以下報告書をベースに検証してみたい。それを通じて、システム思考とは何か? それがどれほど重要であるか、を読者に理解していただくのが本稿の目的である。

コメント40

「システム科学者の「原発一人事故調」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員