• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第2の「ゴーンショック」はあるか

輸入鋼材の増加、鉄鋼業界を蝕む

  • 伊藤 正倫

バックナンバー

2012年5月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 やはり、「鉄は国家なり」なのかもしれない。先月、新日本製鉄の君津製鉄所(千葉県君津市)を見学した際に、ふとそう思った。東京湾岸を埋め立てた敷地面積は、東京ドーム220個分(1000万平方メートル超)。日本の高度成長を支えた鉄を生み出してきた製鉄所のスケールの大きさには圧倒される。

 君津製鉄所の粗鋼生産量は約1000万トンと、日本の総生産量の1割を占める。大型貨物船を岸壁に横付けでき、運んできた鉄鉱石と石炭を2000℃以上で熱する「高炉」が3基ある。こうしてできた銑鉄は専用の貨車で「転炉」に運ばれ、高圧の酸素を吹き込んで不要な炭素分などを取り除く。その後、最終製品の形状・重量などに応じて特定の大きさに固め、鋼となる。製鉄の上工程と呼ばれる部分である。

高炉(写真上)で作り出された銑鉄は、転炉(中)で残留する不純物が取り除かれ、最終製品に合わせて形状・重量をそろえていく(下)

 上工程で作った鋼は中間品で、ここから本格的な加工が始まる。下工程と呼ばれ、鋼片を加熱した状態で圧延して熱延鋼板に。それを、常温でさらに圧延して冷延鋼板にする。自動車や家電製品などで多く使われる種類だ。熱延鋼板をらせん状に巻いた鋼管は、ビルの基礎杭、ガス管などになる。

わずか30年で中国に抜かれた

 君津には、1978年に中国の鄧小平・元国家主席(当時は副首相)が訪問した。中国鉄鋼大手、宝鋼集団の前身である上海宝山製鉄所の建設支援を要請され、君津は大量の中国人技術者を受け入れた。当時、君津の製鉄技術は、驚異的な成長で欧米を追い上げる日本の国力の象徴そのものだった。

コメント0

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員