• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ユーロは現代の金本位制か

  • バリー・アイケングリーン

バックナンバー

2012年6月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ユーロは、1930年代の金本位制のように捨てられる運命にあるとの見方がある。しかし当時と現在とでは、金融、社会、政治の状況が異なる。それでも、緊縮策を見直し、協調して適切な対応を取らなければユーロの存続は危うい。

 「通貨ユーロが、1930年代の金本位制と同じ道をたどっている」――。

 最近、こんな指摘がよく聞かれるようになった。しかも、その理屈は説得力を増しているようだ。だが、ユーロの運命を告げるこの指摘は正しいと言えるだろうか。

金本位制と比較される理由

 1929年に株式市場が大暴落した後、大規模なデフレショックが欧州を襲った。生産は落ち込み、大量の失業者が街にあふれた。各国政府はリフレーション政策*1で協調することができず、個別に対応策を取った。欧州諸国は相次いで金本位制を捨て、通貨を切り下げた。こうして信用を緩和し、各国は順次、大恐慌から抜け出していった。

*1=デフレの状態から抜け出すために、金融緩和政策によって意図的に通貨の量を膨らませ、インフレのような状態を創り出すこと

 今日、再び大規模なデフレショックが欧州を襲っている。今回、リフレーション政策の足かせとなっているのはユーロだ。各国は切り下げるべき独自の通貨を持たない。金融政策を欧州中央銀行(ECB)に委任しているため、信用を緩和する力もない。よって失業率が上昇して限界を超えた時、各国政府は個々の判断でユーロを離脱するしかなくなると言われている。

 私は92年に、欧州と金本位制について考察した著作『金の足かせ』*2を出版した。この中で私は、金本位制というデフレ要因が30年代の世界恐慌の主因であり、金本位制からの脱却が回復への道を開いた、と論じた。

*2=『Golden Fetters:The Gold Standard and the Great Depression』

 しかし、今回も事態が同じように展開すると認める気にはなれない。私は、ユーロが存続するかもしれないと考えている。あくまで「かもしれない」なのだが...。その理由は、30年代と現代の間にある4つの違いにある。

 第1に、現在は共通の中央銀行がある。そのため、適切な金融対策を講じやすい。金本位制の時代も、各国の中央銀行が協調して対応していたなら、収縮した経済を再膨張させることができただろう。しかし残念なことに、各国中央銀行が協調するのは、口で言うほど容易ではない。話す言葉も、経済に対する見方も異なる。

 現代では、ECBが断固とした姿勢で対策を講じたなら、ユーロ圏全体をリフレーションへと導くことができ、各国がそれぞれに対応する必要性はなくなる。

 ECBがその能力を持っているのは確かだ。問題はその能力を使う意思があるかどうかだ。

コメント0

「Project syndicate」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック