• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ビニール傘でも男を上げる技

傘のマナーを知る者が仕事と女性を制す

  • 西出 ひろ子

バックナンバー

2012年6月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 通勤電車の窓から見えるブルーやピンクの紫陽花。その花びらに雨だれがしたたる梅雨の季節となりました。二十四節気では、5月の立夏から8月の立秋までを夏としています。湿気の多い日本の夏。さらに、節電のため、心地よい室温を得るのが難しい今日。蒸し暑さでイライラすることもあるでしょう。イライラは、表情や態度についつい表われます。

 この時期、ビジネスパーソンが普段以上に不快に感じるのは「傘」ではないでしょうか。

 電車やバスの中で、濡れた他人の傘が自分の洋服に触れるのは、良い気分とは言えません。もちろん、自分も周囲の人に不快な思いはさせたくないもの。そこで、ビジネスパーソンの基本は「折りたたみ式の傘」です。

折りたたみ式の傘。カバーに入れてカバンの中にしまうことも可能(撮影:西出ひろ子 以下、すべて)

 折りたたみ式の傘であれば、車内では、小さくたたんでおけます。たたんだ傘をカバーに入れて、カバンの中にしまうこともできます。

 このようにすれば、他人に迷惑をかけることがありません。さらに、顧客を訪問する際にも、濡れた傘を見せることがないのでスマートです。折りたたみ式の傘は、マナー傘と言っても過言ではありません。

 天気予報が「本日は雨」としている日。折りたたみの傘を持参することで、「用意周到なデキるビジネスパーソン」という印象を与えることができます。

たたむのが面倒くさい時は…

カバー付きの長傘

 折りたたみの傘はこんな効用があるとはいえ、たたむのが面倒だと感じる方がいらっしゃるでしょう。そんな方はカバー付きの長傘を使ってみてはいかがでしょう。

 先日、電車の中で、カバー付きの長傘を持っている男性をお見かけしました。年齢は40代半ばから後半であろうクールなビジネスパーソン。濡れた傘にカバーを付けるのは、面倒なことです。周囲への配慮を優先させている姿は、とてもクールでスマートでした。

 私と一緒にいた20代後半の女性スタッフもその傘に注目していました。「カバー付きの傘って素敵ですね」から「素敵な人ですね」と話しが発展したのは言うまでもありません。

コメント1件コメント/レビュー

本当にスマートってこんな事なのでしょうか?都会にはクールなビジネスウエアに身を包んだビジネスマンやキャリアウーマンが沢山いらっしゃいますね。出張で都会に行くと、気がひけます。が、誰一人傘を縦に持ってる人はいませんね。みんな傘を横にして持っています。これは階段やエスカレータはもちろんの事、石突を他人に向けてても危険と思っていない事を著しています。折り畳み傘は他人に滴を付けない?普通の傘だって、柄を持ち石突を下にして歩けば、他人に滴はつけません。満員電車でも石突を両足間の床につけて立てば他人に滴を付ける事はありません。(人間は体の前面に他人に入られると嫌な距離を持っており、意識せずとも他人から距離を離そうとします。また、両足間ですので自分の体の一部が傘より先に他人と触れる事になります。)何か言っている事は尤もらしくても、上辺だけ見たファッション感覚にしか読めません。このコラムの筆者にとって、「傘の滴で他人に迷惑を掛けない」事の本質は何処にあるのでしょうか。(2012/06/19)

「40男子必読! 夏のファッションマナー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

本当にスマートってこんな事なのでしょうか?都会にはクールなビジネスウエアに身を包んだビジネスマンやキャリアウーマンが沢山いらっしゃいますね。出張で都会に行くと、気がひけます。が、誰一人傘を縦に持ってる人はいませんね。みんな傘を横にして持っています。これは階段やエスカレータはもちろんの事、石突を他人に向けてても危険と思っていない事を著しています。折り畳み傘は他人に滴を付けない?普通の傘だって、柄を持ち石突を下にして歩けば、他人に滴はつけません。満員電車でも石突を両足間の床につけて立てば他人に滴を付ける事はありません。(人間は体の前面に他人に入られると嫌な距離を持っており、意識せずとも他人から距離を離そうとします。また、両足間ですので自分の体の一部が傘より先に他人と触れる事になります。)何か言っている事は尤もらしくても、上辺だけ見たファッション感覚にしか読めません。このコラムの筆者にとって、「傘の滴で他人に迷惑を掛けない」事の本質は何処にあるのでしょうか。(2012/06/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長