• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

会議をしている場合ではない! 震災復興と企業改革はスピードで臨め

【特別対談】横山信弘×西條剛央(前編)

2012年6月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の代表を務める西條剛央氏。心理学と哲学を専門とする早稲田大学大学院の専門講師でもある同氏は、独自のメタ理論「構造構成主義」を用いて日本最大級のボランティア組織を立ち上げ、「物資支援プロジェクト」「家電プロジェクト」「重機免許取得プロジェクト」など、実効性の高いプロジェクトを次々と成功させた。

 被災者支援のカギはスピードだ。ふんばろう東日本では、“会議”に頼らず、多数決は行わない組織運営を徹底して、スピードを実現した。

 一方、日経ビジネスオンラインの連載コラムで、日本企業を疲弊させている会議を極力減らし、スピードを取り戻そうと主張。読者からの反響の余勢を駆って、コラムと同タイトルの書籍『脱会議 今日からできる! 仕事革命』をこのほど出版した横山信弘氏。

 問題意識を共有する2人に、これからの組織運営のあり方について論じていただいた。

(構成は、大熊信=ライター/編集者)

経営のスピードが問題となっている中、横山さんが書かれた『脱会議 今日からできる! 仕事革命』という本を、西條さんはどのように読まれましたか?

西條:ありそうでなかった本ですよね。面白かったです。

横山:ありがとうございます。

西條:企業に限らず、いろいろな組織で、「方法の自己目的化」ということがしばしば問題になりますが、その典型が会議なんだなと思いました。会議を開くことが目的になってしまう。

 無駄な会議ができてしまう条件があると思います。この本を読んでいて思い出したのが、僕が大学院生の頃、周りの学生がよくやっていた読書会。将来の目標が専門家として身を立てることだったら、やはり競争で勝たなければいけませんよね。

 それなのに、みんなで同じ本を読書会で読んでいるんです。それで専門家として飛び抜けることができるのかな、と思っていました。もちろん、一定の意味はあると思いますが、そればかりやって肝心の研究をしない、論文を書かないというのであれば、何のためにやっているの、ということになります。それなりに充実した時間を過ごせちゃうので、読者会自体が目的化してしまう。

 本当は時間は限られているのですが、大学院生は、同年代の社会人に比べると時間的な余裕があるような錯覚に陥りやすいですから、無駄に会議のようなことをしてしまうのかもしれません。

横山:社会人は時間に余裕がないはずなのに無駄な会議をして、自分を忙しくしていますね。私は「現状維持バイアス」という言葉をよく使います。人間には現状を維持したいという欲求がある。

 過去の歴史や実績があればあるほど、現状維持バイアスが大きくなる。大学もそうですが、歴史のある組織に身を置いているほど、なかなか変われないんじゃないかと思います。

コメント4件コメント/レビュー

「お互いが同じ方向を向いているはずなのに、ミクロな視点になってしまうと対立が起きる」その通りな事がよくあります。トップ、ミドル層の”説明力”が重要になってくる場面ではないでしょうか。(2012/07/01)

「脱会議 Special Edition」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「お互いが同じ方向を向いているはずなのに、ミクロな視点になってしまうと対立が起きる」その通りな事がよくあります。トップ、ミドル層の”説明力”が重要になってくる場面ではないでしょうか。(2012/07/01)

西條さんの構造構成主義は素晴らしい、今まで正義のぶつかり合いが良く理解できず、部分最適と全体最適の違いとのみ思っていましたが、こういう考え方もあるのだと、目からウロコが落ちました。お二人の斬新な考え方がこれからの日本を、いや世界を変えていくものと思います。是非世界中に向けて発信し、日本発の理論を打ち立ててください。今までほとんどすべての考え方が輸入品です。日本製の考え方が世界で通用する日を夢見ています。自動車の生産現場ではトヨタが日本発の考え方を世界に広めています。(2012/06/30)

「脱会議」を主導できる立場にある管理職・役員・社長らは、決して脱会議を歓迎しない傾向があるから、いつまで経っても実現しないのでしょう。「現状維持バイアス」に囚われている人が如何に多いことでしょう。「成功体験の呪い」と言い換えられると書かれてありましたが、当社社長も嘗て会社を飛躍的に発展させた時期があったので、その時のやり方を今だに頑なにやり続けていますが、この十数年ずっと会社の成長がありません。悲しいですがもう会社の発展はないと大半の社員は思っています。社長は「社員が悪い」と思い込んでいるようです。多分死ぬまで反省することはないのかも知れません。(2012/06/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長