• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中古CDに見る AKBの“実力”

発売当日の買い取り価格は10円

2012年7月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 6月24日、日曜日。さいたまスーパーアリーナで開かれたAKB48の「握手会」イベントには黒山の人だかりができていた。

 会場を訪れた大西良典さん(28歳)はイベント参加券付きの最新シングル「真夏のSounds good!」を計8枚購入した。うち4枚は、特典として握手会の参加券が付いた「劇場盤」。残りは、メンバーの人気投票の参加券が付いた「数量限定生産盤」だ。中身のほぼ変わらない商品をいくつも購入するのは当然、特典の「握手券」や「投票券」を手に入れるためだ。

 大西さんによれば「自分はライトなファンで、よりコアなファンは数十枚、100枚単位で買う人もいる」という。どんな分野でもお金に糸目をつけないコアなファンはいるものだが、AKB48のCDが特異な商品になっているのは、握手券といった特典の価値が、売り物であるはずのCD本体の価値を明らかに上回っていることだ。それは中古品の価格を見ればすぐ分かる。

 予約開始当日にあっと言う間に売り切れとなった「劇場盤」の定価は1000円。これが、ある大手の中古CD業者では、発売当日から買い取り価格を10円に設定していた。定価1600円でDVDが付いている「数量限定生産盤」「通常版」は100円。販売価格はそれぞれ100円、300円だった。

 この業者によれば、「中古品の多くは特典チケットが抜き取られているため、一気に価値が下がる。市場に出回る中古品の数もすさまじく、まともな価格は付けられない」という。

 販売ランキングに登場するような大物アーティストの新譜であれば、定価が1000円とすれば発売直後の買い取り価格は数百円で、販売価格もそれほど下がらないケースが多いという。AKB48はランキング1位の常連にも関わらず、ネットオークションなどで特典なしの商品は「2枚で400円」などで売られている。

 一方、各種特典の人気は高い。メンバーの生写真や、握手券の複数枚セットなどは多くがオークションサイトで1000円以上の値が付けられている。特典の転売目的で大量購入する業者の存在も指摘されている。

コメント8

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「中古CDに見る AKBの“実力”」の著者

中川 雅之

中川 雅之(なかがわ・まさゆき)

日本経済新聞記者

2006年日本経済新聞社に入社。「消費産業部」で流通・サービス業の取材に携わる。12年から日経BPの日経ビジネス編集部に出向。15年4月から日本経済新聞企業報道部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手