• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「10年後はもっと幸せになっていると思いマス!」

顔を見ながら大学生に聞いた。閉塞感なんて感じてない?

2012年7月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【はじめに――世代論はお好きですか?】
 このサイトも一役を担った流行語「草食男子」でもそうでしたが、世代を語る仮説には「部分で全体を決めつけるな」、という批判が必ず行われます。

 全体を語る言葉は、かならずしも個々には当てはまらない。そうはいっても個々を語っていたのでは、全体は見えない。そもそも、分析する側の主観がどうしても言葉には入り込む。主観がなければ調査分析などできないのですから当然ですが、分析される側の不満はぬぐえない。

 今の若い世代が何を考えているのかを客観的に捉えることはできないかもしれない。しかし、こちらとコミュニケーションがとれる範囲で、できるだけ多くの個々の若者と接した上で、彼らが今の社会、とりわけ我々の「会社員の世界」をどう見ているのかを、自分の言葉で語ってもらえれば、そこからある程度、個別・全体に共通する「今の若者」の姿を見ることはできるんじゃないか。それは我々会社員の側にとっての外側からの目線、鏡にもなるにちがいない。

 そんな問題意識からこの企画は始まりました。まずは、担当編集の私の「主観」「偏見」から、お読みください。(編集Y)

 

 「失われた20年」「ゼロ成長」「デフレ」「人口減」、暗い未来を語る言葉は引きも切らない。そんな成長なき時代に生まれ育ったいまの若者たちは「年寄り世代の医療、介護コストを負担し」「国際競争の中、不安定な雇用に晒され」「将来への大きな夢を持てず、身の回りの小さな幸せを大事にして、草食化」していく、閉塞感に捕らわれた気の毒な世代だ--。

 と、私も思っていました。
 それが変わったのは、とある私立のマンモス大学で先生のまねごとをしたのがきっかけです。

ひょんなことから生の大学生の声を聞く

 この大学、偏差値で言うとある学生さん曰く「勘違いして思い上がるほど高くもなく、将来をあきらめていじけてしまうほど低くもない、ちょうどいいレベル」。そこでこの4月から週1回、30人前後の学生さんを相手に「授業」をやる機会を得た私は、「こんな時代に、彼ら彼女らは未来をどう見ているのだろう」と考え、アンケートをやってみることにしました。

Q1:いまのあなたの幸福度を、100点満点で示してください(50点が「普通」の状態です)。
Q2:10年後、就職したあなたの幸福度を、100点満点で示してください(同)。

 出席してくれた31人の回答は以下の通りです。

31人中26人が「いまは幸せ」
“授業”に参加意志を示してくれた31人(4年生6人、3年生25人、男子14人、女子17人)に教室で用紙を配布、回収。以下同じ。

 若者世代が現状への満足度が高いことは、昨年話題になった古市憲寿さんの『絶望の国の幸福な若者たち』でも指摘されていました。なので、それほど驚きはなかったのですが、10年後=自分が33歳前後の際の幸福度がさらに高くなると予想した学生さんは、私の予想外の多さでした。

 しかも、個別の回答を見るとさらに意外な発見が続きます。

コメント16件コメント/レビュー

「現実を正しく認識して、絶望せよ」とは言わない。しかしである。...大学で授業をする際に、授業を聞く学生の学力レベルの把握は不可欠だと思います。イマドキの学生であれば高校レベルの数学や物理の内容を理解していない学生もおられるかもしれないし、偏差値の高い大学であれば優秀な学生ばかりの可能性もある。そういった「聞く学生」の状況を把握せずに授業をしても、全く何も伝わらない可能性もある。それと同じ話で、「絶望させないために、現実を認識させない」というのは本末転倒のような気がする。「現実を認識したときに絶望するかどうか」は当人の問題でもあり、学生を育てる我々の側の問題でもある。現実を理解した上で「俺なら現状を打開できる」と感じられるだけの実力を身につけさせることが鍵になるのではないかと思う。「若いから現実を見せなくてもいい。夢を見せるべき」というのは中高生の話であって、大学生ともなれば現実を見せるべきだと思う。記事はいい記事でした。(2012/07/17)

「会社員の皆さん、若輩から一言」のバックナンバー

一覧

「「10年後はもっと幸せになっていると思いマス!」」の著者

山中 浩之

山中 浩之(やまなか・ひろゆき)

日経ビジネス副編集長

ビジネス誌、パソコン誌などを経て2012年3月から現職。仕事のモットーは「面白くって、ためになり、(ちょっと)くだらない」“オタク”記事を書くことと、記事のタイトルを捻ること。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「現実を正しく認識して、絶望せよ」とは言わない。しかしである。...大学で授業をする際に、授業を聞く学生の学力レベルの把握は不可欠だと思います。イマドキの学生であれば高校レベルの数学や物理の内容を理解していない学生もおられるかもしれないし、偏差値の高い大学であれば優秀な学生ばかりの可能性もある。そういった「聞く学生」の状況を把握せずに授業をしても、全く何も伝わらない可能性もある。それと同じ話で、「絶望させないために、現実を認識させない」というのは本末転倒のような気がする。「現実を認識したときに絶望するかどうか」は当人の問題でもあり、学生を育てる我々の側の問題でもある。現実を理解した上で「俺なら現状を打開できる」と感じられるだけの実力を身につけさせることが鍵になるのではないかと思う。「若いから現実を見せなくてもいい。夢を見せるべき」というのは中高生の話であって、大学生ともなれば現実を見せるべきだと思う。記事はいい記事でした。(2012/07/17)

今の若者は根拠のない能力観を持っている。がんばれば夢はかなうという大人の戯れ言を案外本気にしているのだ。実際に社会に出てうまくいかないと、自分の能力がないから、努力しなければならないと思うのではなく、ここでは自分のすばらしい能力が生かせないと勘違いして、転職するのである。今根拠のない希望を持っているから、実際社会に出ると適応できないのだ。また、キャリアアップなどのきれいごとを信じていて、この会社でどう自分のスキルアップができるのかを第一に思い、自分の勝手に思い込むバラ色の希望につながるメリットがないと、別の道を求めて移動する。会社のために自分が何ができるか、ではなく、この会社が自分にどういうメリットをもたらすかを常に考えている。だれが学生をそういうふうに教育したのか?迷惑である。(2012/07/16)

幸せの形というものがたくさんお金を稼いで裕福な暮らしをするということだけではなく、自分の身の丈に合った生活をしていくことを選ぶ若者が増えていることがこの記事からわかりました。日本の競争力は落ちるかもしれないが幸福度は今よりも増していくように感じます。ブータンのように(2012/07/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長