• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国の“ドカ買い”が石炭貿易市場を破壊する

かつての輸入第1位、日本は価格交渉力失う

  • 大場 紀章

バックナンバー

2012年7月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここのところ、日本のエネルギーの未来を左右する大きな話題が目白押しで、対応に追われ少し連載間隔が空いてしまいました。大変申し訳ありません。

 まず、5月末に基本問題委員会で2030年の電源構成の選択肢が提示され、国民的議論によりこの夏に決めることになりました。また、課題を残したまま関西電力の大飯原発の再稼働が政治決断され、7月からは一部価格設定に批判もある再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度が始まりました。ここまで大きなエネルギー政策の政治的決断が集中して行われたのは、オイルショック以来のことだと思います。しかし、長期的戦略的視野でこれらの判断がなされ、そして今後判断がされていくのかという点については、私は強い懸念を持っています。

 また、ウォール・ストリート・ジャーナル紙によれば、米国政府が日本などの同盟国に対して米国からの天然ガス輸入の推進をしばらく見合わせるように要請したと報じられました。私がこれまでの連載で再三述べてきたように、米国政府が天然ガスの輸出に必ずしも積極的ではないことが明らかになってきたといえるでしょう。しかし、依然として盲目的に米国のシェールガス頼みという議論がまかり通っています。

 こうした表に出てきている動きに関する分析ももちろん重要ですが、ともすれば見過ごしがちな背後の変化についてじっくり考えることが、この連載の本来の趣旨です。前回の予告通り、石炭のお話の続きで、今回は特に中国に注目します。

急増する中国の石炭輸入、日本を抜き世界一に

 中国は世界最大の産炭国(世界の生産量の約半分)で、石炭埋蔵量も世界のトップ3に入る名実ともにそろったまさに石炭大国です。そんな、膨大な生産量と埋蔵量を誇る中国において今、異変が起きています。ほんの数年前まで石炭輸出国だった中国が、急激に石炭輸入を増やしているのです。

図1 主要な国の石炭輸入量の推移
2010年まではIEA統計、日中印については2011年の値、2012年は予測値を記載

 実は、かつては世界で石炭を輸入していたのは日本くらいのもので、いわば日本は石炭輸入大国でした。図1をみると、歴史的には日本が世界の石炭輸入のほとんどを占めていた時代が長かったことが分かります。1990年代ごろから日本と似たエネルギー構成をもつ韓国や台湾が徐々に輸入量を増やしてきたというのが、数年前までの状況でした。

コメント2

「「そもそも」から考えるエネルギー論」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)