• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

夏到来! ハンカチで差をつける

扇子の使い方でKYと言われないために

  • 西出 ひろ子

バックナンバー

2012年7月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本でもサマータイムを導入する企業が増えています。蒸し暑い本格的な夏が近づいていますが、早めに出勤することで爽やかな気分になれます。朝の涼しい風は、細胞を刺激してくれます。

 しかし、仕事が始まれば、風のこない室内環境で業務しなければならないこともあるでしょう。そんな時に役立つのが、先人の発明です。私たちの先人は、冷房などない、湿度の高い日本の夏を過ごすために、多くの知恵や工夫を生み出してきました。

扇子の使用はKYにならないように

 中でもビジネスパーソンのファッションアイテムのひとつとして生きているのが扇子です。

40男子は扇子が似合うお年頃

 職場では、紺や透け感のある黒を用います。ただし、扇子を使う時は「場の空気」をよんでくださいね。商談や会議中には使用しない。周囲の人が使用していない時、控える配慮のできる人はクールです。ひとりだけ使用しているのは、自己中心、自分のことしか考えていない人、と思われかねません。

 一方、みんなで扇子やうちわを使用している職場もあります。こういう職場での注意点は、お客様の目に入る場所での使用を控えることです。仕事に集中していないという印象を与えるからです。

ハンカチは3枚持つべし

 さて、この蒸し暑さに負けることなく、体や心を保つためには、自己コントロールが必要です。それには五感(視覚・触覚・聴覚・嗅覚・味覚)を味方につけることをおススメします。

夏らしい柄や愉しさを感じる柄を選びましょう。表はガーゼで裏はタオル地。リバーシブルで使えます

 たとえば、身だしなみの必須アイテムであるハンカチ。ハンカチの色や柄(視覚)や、素材(触覚)を夏向けにすることで涼しい気持ちになれます。

 私は「ハンカチ3枚携帯」を推奨しています。1枚目は実用的なタオル地やガーゼタイプのもの。2枚目はアイロンをしたコットンタイプ。汗を拭いたタオル地のハンカチを人前で見せるのはクールではありません。人前では、2枚目のコットンタイプを使いましょう。

コメント5

「40男子必読! 夏のファッションマナー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長