• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「まとめサイト」としての池上さん

情報を取捨選択して伝える編集力に価値と対価を

2012年7月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここ10年くらいでメディアの世界で大きく才能を輝かせたのは、池上彰さんだろう。NHKに記者として入社し、自ら希望して地方局で経験を積み、本局のキャスターになり、子どもたちに時事解説をする『週刊こどもニュース』で、経験と能力が開花した。僕も時々、見ていたが、国際情勢や経済原理など難しく説明すればいくらでも難しくできるテーマを、子どもたちに理解できるように図解したり、ユーモアをきかせた話術で説明したりするスタイルは独特のものであった。この番組で、子どもたちにレクチャーするという体験が、その後のテレビのバラエティーニュース解説番組のスターになる時の財産になったのだろう。

 東京・杉並区の和田中学校の民間校長だった藤原和博さんが校長に就任した頃、よく言っていたのは「いやあ、子どもたちの講義というのは大変だ。子どもは正直だから、いくら権威のある文化人でも、つまらなければ、すぐに顔に出る」と。大人向けの講演会だと、肩書や、はったりでごまかすことができても、そんな権威のことを知らない子どもにとっては、教えてくれる中身だけが問題なんだろう。

 池上さんのニュース解説は、女性たちに人気がある。アラサーのOLも、アラフォーの主婦にも人気が高い。情報化社会においては、歌手や俳優だけがタレントなのではなく、事件そのものもタレントとして扱われる。「アラブの春」も「再生可能エネルギー」も、言葉として話題になっているけど、その実体は分かりにくいことが多い。そうした人気テーマを、背景から掘り起こして丁寧に説明してくれる。おそらく、池上さんの番組を見ている時、視聴者の多くは、小学生だった自分に戻っているのではないのだろうか。

 それで池上さんとは何者なのか、と考えていて、ふと思いついたことがある。それは「池上彰とは、まとめサイトである」というフレーズである。インターネットが普及したことによって、僕たちは、膨大な情報ソースにつながった世界で生きている。探す気になれば、たいていの情報はたどり着くことができる。情報だけではなく、意見についても、さまざまな角度からの意見に触れることができる。膨大なコピペ情報と、悪意のあるインチキ情報も混ざっているが。池上さんが教えてくれる情報も、自分で探せば探せる情報であろう。しかし、それを探す手間や、真贋を判断する能力を多くの人が持っているわけではない。多くの人は、信頼できるフィルターであり、分かりやすくまとめて解説してくれる池上さんを好きなんだと思う。

「見えないもの」に価値を認められない工業化社会

 「まとめサイト」に必要な能力とは何であろうか。それは大量の情報から必要な情報を選別する識別眼だが、同時に不要な情報を捨てる力である。さらに必要な情報に脈絡を見つけて一本の道筋において整理する力である。それは編集という能力である。

 あらゆるものが情報として扱われ、企業においても情報の扱い方が企業の存続にかかわることもあるぐらいなのだが、情報を扱うための編集という能力が、あまりにないがしろにされてはいないだろうか。編集作業というのは、最終的な商品の中で、編集者がどう作業したかは見えにくいものなので、編集に理解のない人たちには仕事の意味が伝わりにくい。

コメント7件コメント/レビュー

同じ事象を切り取って編集するだけでも、異なる印象をいくらでも与えられる。編集と言いつつ情報の意図的取捨選択だけで世論誘導もなんでも出来る。それも怖さと恐ろしさをも説明しないでどうする。それと、判り易いっていうけど、大半が「判った、理解した気分になった」だけだよ。少ない情報と時間で得られるものは。何事も簡単に理解説明出来ると思うのは幻想だから。寧ろ判らない物に対するスタンスの取り方をこそ皆が学習しておくべきだ。理解出来ないなら、なりの取るべき振る舞いがあるだけ。そう言ってはいるが、新聞マスコミの解説も科学系など酷いもので理系大学生以下であり、改善は必要(2012/07/20)

「橘川幸夫の オレに言わせれば!」のバックナンバー

一覧

「「まとめサイト」としての池上さん」の著者

橘川 幸夫

橘川 幸夫(きつかわ・ゆきお)

デジタルメディア研究所代表

1972年、音楽雑誌「ロッキングオン」創刊。78年、全面投稿雑誌「ポンプ」を創刊。その後も、さまざまな参加型メディア開発を行う。現在、阿佐ケ谷アニメストリート商店会会長、未来学会理事などを勤める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

同じ事象を切り取って編集するだけでも、異なる印象をいくらでも与えられる。編集と言いつつ情報の意図的取捨選択だけで世論誘導もなんでも出来る。それも怖さと恐ろしさをも説明しないでどうする。それと、判り易いっていうけど、大半が「判った、理解した気分になった」だけだよ。少ない情報と時間で得られるものは。何事も簡単に理解説明出来ると思うのは幻想だから。寧ろ判らない物に対するスタンスの取り方をこそ皆が学習しておくべきだ。理解出来ないなら、なりの取るべき振る舞いがあるだけ。そう言ってはいるが、新聞マスコミの解説も科学系など酷いもので理系大学生以下であり、改善は必要(2012/07/20)

内容にはうなずくものがありましたが、アメリカでホテルのボーイに話し相手としてのチップ代を要求された、というのは、単に日本人だからなめられただけなのでは…(2012/07/20)

池上スキルは欲しいですが、多くの人は入手不能でしょうね。●編集費は欲しいですが、それを認めて貰える社会がきたら、新聞や雑誌といった従来メディアが、店頭で全国同額を維持できなくなる日でもあります。印刷所から販売所までの輸送費は各所別々ですからね。(2012/07/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長