• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「セーラー服と機関銃」は大学生でも知ってます

学生×会社員カラオケサミット、湘南乃風がウケた!

  • 若輩ライダーズ2012

バックナンバー

2012年7月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

今どきの歌、分かります?
 会社員と「それ以外」の社会とのギャップを探る!就職活動直前の現役大学3年生たちによる「会社員ってこう見える」連載「若輩から一言(このコラムができた経緯はこちら)。今回のテーマは「歌」です。

 会社員になって、家族もできて、だんだん離れてしまうのが音楽の世界。最近のヒットチャートには違和感しかなく、さりとて昔の曲を引っ張り出したらオジサンと言われそう、と考えたりしてしまいます。しかし、実は、若い世代は我々40代の青春の歌を、意外に共有しているのです。

 歌は世代、世情を映すもの。しかし大学生が昔の曲を知っているのなら、そこに世代を超える機能も期待できるのでは。片方向だけじゃ物足りないから、この際、おじさん世代にも楽しく聞けそうな今どきの曲も教えてもらえたら。そんな期待を込めてレポートしてもらいました。どうぞお読みください。(編集Y)

 はじめまして。都内某私立大学の3年生、ムラマツ(女子)、ユアサ、ナカゴミ、ヒラハラと申します。企画はこの4人で作り上げました。以下、代表してムラマツがまとめて書かせていただきます。

 今回、日経ビジネスオンラインに記事を書く機会を頂き、我々が大好きな“音楽”を題材にしてみようと考えました。我々4名、今の音楽と昔の音楽について、好きな人のことを考える時間よりも何倍も多くの時間を費やしました。社会人の方に向けた企画や文章を書くのは初めてですが、どうぞよろしくお願い致します。

 突然ですが、質問です。

サカナクション
THE BAWDIES
KREVA
back number
秦基博
スキマスイッチ
BENI
miwa
チャットモンチー
阿部真央
いきものがかり

 彼ら、彼女らの名前をご存じでしょうか。そして曲を、歌手名を意識してお聞きになったことはありますか?

 私たちの父にも聞いてみたのですが、ほとんどが全滅。「学生の頃は結構音楽も聞いていたけど今はさっぱりだなあ。時間もないし」というのが、返ってきた答えでした。

 ちなみにですが、私の父は「自営業(ぶどう農家)なので、仕事中にラジオをずっと流しているから、半分くらい名前は聞いたことある。良い曲が流れれば、それをいいなと思う心は今も昔も一緒なんだよ。だけどそこから先が昔とは違って、いいなと思ってもそれ以上はつっこまない。昔みたいにレコード買ったり歌詞をじっくり聞いたりしないんだよね。忙しいからそんな余裕がないんだよ」と言っていました。それを聞いて、音楽を吟味できる余裕があるのは、時間がある今だけなのか…と、音楽好きの私は悲しい現実を知りました。

 だから「昔の曲はよかった」「若い頃は、あのアイドルが本当に好きだった」と皆さん思うのでしょうね。自分が音楽と一番親しむことができた時期、しかも青春を過ごした時代の音楽が一番、記憶・思い出に残るのは当然です。だから「今の若者も同じように、今の曲ばかり聞いているのだろう。私らの青春時代の曲なんて知らないよね」…と思ってはいないでしょうか。

 タイトルの通り、実は違うのです。私たちの実感と、そして実際に調べてみた限りですが、若者は昔の、皆さんの青春時代の音楽を案外知っているのです。

大学生100人に聞きました

 私たちは、自分の大学の学生100人(1年生から4年生まで)にアンケート調査をしました。1980年~1986年の7年間のそれぞれの年の年間売り上げ枚数上位3位までの曲をピックアップし、曲名とアーティストを見て知っていると思うものにチェックをつけてもらったのです。

 アンケートはこのようにとりました。一部ですが記載させていただきます。

●アンケートの内容(一部抜粋)

Q1、知っている曲にチェックしてください(複数回答可)
 -年代別売上上位3曲-
〈1980年〉
 □ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ □異邦人/久保田早紀 □大都会/クリスタルキング
〈1981年〉
 □ルビーの指環/寺尾聰 □奥飛騨慕情/竜鉄也 □スニーカーぶる~す/近藤真彦
〈1982年〉
□待つわ/あみん □セーラー服と機関銃/薬師丸ひろ子 □聖母たちのララバイ/岩崎宏美
 …以下続く

 その結果、26~32年前、つまり調査対象の大学生が生まれる前に流行った歌21曲のうち、平均で8曲を「知っている」ことが分かりました。細かい数字は次のページをご覧ください。

コメント20件コメント/レビュー

最初のアンケート、「知ってる」と「歌える」は違うのでは?サビが浮かぶ程度なのか、カラオケでフルに歌えるのか、基準が謎。まぁサビだけでも、世代間交流にはなんとか使えるかも知れませんが…。■コメント欄には案の定、「頭の固いジジイ」が出てきてますね。どっかで見たような意見のパッチワークで、「どっかで聞いた歌ばかり」と批判する。それがどれだけみっともない姿か気付いてるんでしょうか。まぁ交流なんかする気ないんでしょうけど。(2012/07/23)

「会社員の皆さん、若輩から一言」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

最初のアンケート、「知ってる」と「歌える」は違うのでは?サビが浮かぶ程度なのか、カラオケでフルに歌えるのか、基準が謎。まぁサビだけでも、世代間交流にはなんとか使えるかも知れませんが…。■コメント欄には案の定、「頭の固いジジイ」が出てきてますね。どっかで見たような意見のパッチワークで、「どっかで聞いた歌ばかり」と批判する。それがどれだけみっともない姿か気付いてるんでしょうか。まぁ交流なんかする気ないんでしょうけど。(2012/07/23)

これは良い企画でしたね。私、55才のおじさん・・・というよりそろそろじいさん?ですが、音楽は大好きで、今もバンドをやってます。なので、もちろんいきものがかりもケツメイシも大好きですし、バンドでは懐かしのフォークソングから斉藤和義まで何でもやってます。ビートルズはどの世代でも知っているでしょう。世代に関係なく、良い音楽は良い。心にしみる歌詞やメロディは、いつの時代の人にも受け入れられると思います。(2012/07/23)

とても良い企画だと思います。楽しく一気にかみしめながら読ませていただきました。印象に残っている歌というのは、個人的には5才刻みくらいでかなり違いがあると思っているので、各々の世代が他の世代にも興味をてることがわかり、自分でも興味を持って読みました。グリーンやコブクロは耳に入りやすいし、比較的歌いやすいと思います。ちなみに私は50代前半の男性で、ユーミンと久保田利伸が大好きでした。(2012/07/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授