• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

月に20冊以上を読み続けることで分かった「読書方法」

「この本と出会った意味を考えるんです」

2012年7月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 僕は、読書家と呼ばれる人間になりました。
 「なりました」と書いたのは、何を隠そう30歳ぐらいまでは大して本を読まない人間だったのです。(現在38歳)。それが6年前から始まったこの日経の連載をきっかけに、本を読まないとなぁ・・・と渋々読み始め、今では月に20冊以上は読む人間となりました。

 そのおかげもあってか、「マーケティングにおすすめの本を紹介してください」「新社会人におすすめの本を紹介してください」などといった取材依頼にも対応できるようになりました。

「歴史ものは経営に役に立つなぁ~」と思い始めた最近の自分

 しかしながら不思議なもので、「おすすめは?」と聞かれた時に、自分の詳しくないジャンルについては自信をもって答えることができません。そのジャンルについてある程度の知識をもって比較検討できる状態じゃないと、大したことがないものを「おすすめです」と言ってしまうのが怖いからです。

 そのような状態の時、人はとりあえずみんなが知っていそうなメジャーなものを無難に選ぶか、あるいはあえてマニアックなところをついて自分がマニアックそうな人間であることを装うというのもよくあるパターンです。

 若かりし頃、レストランやバーで、お酒を頼む時のシーンなどはまさにその典型かもしれません。とりあえず知っていそうなものを頼むか、ちょっとかっこつけてマニアックなものを頼む。

 ところが、自分の目がある程度肥えてきて詳しくなると、自分の価値観でよしあしを判断し、好き嫌いを判断できるようになります。メジャーだとかマニアックだとかには惑わされず、自信をもっておすすめすることができるようになります。

 そんなわけで、10年前に比べるとたくさん本を読みましたので、ある程度は人に勧められるようになったのですが、本といっても様々なものがありますので、オールジャンルという訳ではありません。ビジネスの世界にどっぷり浸かっているので、やはりビジネスの本が中心になるでしょうか。20冊の本を読むとしたら15冊ぐらいはビジネス書ですので・・・。

 小説の類は10冊に1冊ぐらいだと思います。ちなみに、最近自分がどうやら経営者として年をとったなと自覚することがあります。それは歴史物の小説が、経営に参考になると思い始めてきた自分に気がついたことです。年配の経営者が「司馬遼太郎は、経営の参考になる」といっていたことに頷く自分になっていました。

 そんな読書家である僕が、今回は読書に対するスタイルについて2つほどトピックをたてて書いてみたいと思います。これから読書家になろうとしている人にも、既に読書家の方にも参考になれば幸いです。

乱読か?精読か?

 世の中にはノンジャンルで様々な本を手当たり次第に読むタイプの人と、愛読書というものを手元におき、これと決めたいくつかの本を繰り返し読むというタイプの人がいます。

 僕は、どちらかというと前者です。かなり乱読。そして究極の受け身のスタイルです。「受け身のスタイル」というのがどういう意味かというと、誰かに勧められた本はとりあえずできるだけ読む。あるいは目に入るなどきっかけがあったらとりあえず読む。本屋に入ってふらりと買ったものをとりあえず読む。献本された本(BLOGを書いているせいか、出版社の方から毎月数冊は送られてきます)も必ず読みます。

コメント1

「ビジネスという“奇妙な冒険”」のバックナンバー

一覧

「月に20冊以上を読み続けることで分かった「読書方法」」の著者

柳澤 大輔

柳澤 大輔(やなさわ・だいすけ)

面白法人カヤック代表取締役

1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。数千~数万人規模のネットサービスを幅広く展開。ユニークな人事制度や、ワークスタイルなど、制度面も実験中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック