• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「米政府の大スキャンダルを知らないの?日本で報道されていないのね・・・」

「ファースト&フュリアス事件」をご存じですか

2012年7月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 題名からお分かりかもしれないが今回の内容は『資本金ゼロで年商500万ドル』とも『ママCFO奮戦記』とも関係がない。米国を揺るがしている大事件が日本で一切報じられていない不思議について書く。

 昨年、本欄の編集者から「またコラムを書きませんか」という電子メールをもらったとき、次のように返信した。日経ビジネスオンラインでは「米国」と表記するそうだが、元のメール通り「アメリカ」にしておく。「$500K」は50万ドルのことだ。

 「アメリカについて以前から気になっている内容がまだいくつかあります。アメリカメディアの行き過ぎたリベラリズム、リーガルシステムの崩壊に根付いた医療費・健康保険制度の問題、常識がなくなってしまい何でも議論になるアメリカ社会、まだまだ落ち込む不動産市場や景気、ビジネスと生活。ここは体験談が中心になります。私たちの会社の話であれば、資本金ゼロ会社の成長とチャレンジとしてかなり書けそうです。社員に$500K相当の商品を盗まれた話、銀行差し押さえ物件を買った話、不景気で自己破産をした元超リッチな人の話(周りに沢山います)。母として仕事と家事と子育ての両立をどう考えているかというテーマもあります」

 編集者の「またコラムを書きませんか」というメールに「アメリカについて以前から気になっている内容がまだいくつかあります」と応じたのは、5年前、同じ編集者と組んで『不思議の国アメリカ』というコラムを連載していたからだ(『“オンライン決済不在”の驚くべき実態』、『永久に受け取れない「特売の割引金」』、『“顧客監禁管理”システムの最高峰はカジノにあり』、『何でもありの返品制度が築くゴミの山』、『最も働きがいのある会社はエンジニアの理想郷』)。

 「資本金ゼロ会社の成長とチャレンジでいきましょう」という返事が編集者から来て、この連載を始めた。前回の連載は実質5回で途絶してしまったが、本連載は今回で17回目になる。ママになってから知力、体力、気力のすべてが落ちる一方と思っていたが持続力は付いたのかもしれない。

政府が銃の不法販売を後押し?

 今回書く内容はメールの冒頭にある「アメリカメディアの行き過ぎたリベラリズム」に関係するものだが、リベラルを批判するといった政治的内容ではない。米国で連日のように報道されている大事件が日本で全く報じられていない不思議についてである。

 この事件がとても気になり、子供が寝た後のわずかな時間で、ニュースを追っている。日本人の知人にも聞いてみたが、誰も知らない。「ああ、またか」と思ったので、米国報道と日本報道の差についてお伝えしたいと考えた。

コメント10

「資本金ゼロで年商500万ドル」のバックナンバー

一覧

「「米政府の大スキャンダルを知らないの?日本で報道されていないのね・・・」」の著者

上田 尊江

上田 尊江(うえだ・たかえ)

Artform LLC CFO

マネジメントコンサルタント、オンライン証券会社の創業、海外企業の日本参入支援など手がけた後、2006年より渡米、TransAction HoldingsおよびartformのCFO。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長