• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

1929年の大恐慌で失敗続けたFRB

第1回 米連邦準備理事会(FRB)の起源と使命 その3

  • ベン・バーナンキ

バックナンバー

2012年8月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここまで話してきたように、1914年にFRBがようやく創設され、しばらくは順風満帆の時期が続きました。米国は、「狂騒の20年代(The Raring Twenties)」と呼ばれる時代に入り、「チャールストン」というダンスが流行りました。雑誌の「ライフ」が創刊されたのもこの頃です。みなさんは「ライフ」を耳にしたことはないでしょうが、長く名声を誇った雑誌です。いずれにせよ1920年代、いわゆる「狂騒の20年代」は米国が目覚ましい繁栄を謳歌した時代でした。当時、欧州の多くの国が第1次世界大戦の爪痕からまだ立ち直っていない中で、米国は世界で唯一無二の圧倒的な経済力を誇っていました。

 次々に新しい製品が発明され、人々はラジオの周りに群がり、自動車も普及していきました。1920年代は様々な耐久消費財が誕生し、経済が力強い成長を遂げた時代だったのです。この米国が繁栄を謳歌した時代、FRBは様々な試みを行い、一連の手法を確立していきました。

第一次大戦後、欧州が大戦の爪痕から立ち直れないでいる一方、米国は米フォード・モーターが「T型フォード」を発売、量産に乗り出すなど世界で圧倒的経済力を誇り、「狂騒の20年代」を謳歌した

1941年まで長期化した「大恐慌」

 しかし、残念ながら1929年、「大恐慌」という大きな試練が世界を襲います。FRBはほかの経済政策当局とともに、その創設以来、初めての大きな難局に直面しました。知っての通り、米国株式市場は10月29日、大暴落しました。大恐慌がもたらした危機は米国のみならず、世界全体をも飲み込んだ。

 欧州をはじめ世界の様々な地域で、大規模な金融機関の破綻が相次ぎました。恐らく最大の打撃となった金融機関の倒産劇は、オーストリアの大手銀行だったクレディ・アンシュタルトの破綻でしょう。1931年のクレディ・アンシュタルトの破綻によって、多くの欧州の銀行が連鎖倒産しました。このように1929年の大恐慌はまさに世界的な現象となったのです。

 知っていると思いますが、経済は急激に落ち込み、不況は信じられないほど長期化しました。1929年から始まった不況は、1941年に米国が真珠湾攻撃を受けて第二次大戦に参戦するまで続いたのです。

コメント0

「さあ、バーナンキ議長の講義を聞こう!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長