• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

80年代の「様式美」偏重の空気が役所を悪くした

原英史さんと公務員制度改革について論じ合う【1】

2012年8月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回から3回は、元経済産業省の官僚で、大阪府、大阪市の特別顧問でもある原さんとの対談です。1回目は、公務員の何が問題で、制度改革はなぜ必要なのかについて、二人で論じ合います。

橘川:本日はよろしくお願いします。原くんとは10年以上の付き合いで、原くんがまだ経産省にいた頃から、時々会っていました。しばらく会わなかったら、退官して政策工房を立ち上げて、それからまた定期的に会うようになりました。役人時代、しばらく会わなかった時代に、安倍晋三、福田康夫内閣で渡辺喜美行政改革担当大臣の補佐官になって、公務員制度改革というテーマを追いかけていたわけですね。

:安倍内閣の時に、教育改革とか憲法問題とか、いろんなテーマがあったのですが、それらと並ぶ柱の一つが公務員制度改革でした。

原英史(はら・えいじ)
「政策工房」社長。1966年東京都生まれ。東京大学法学部卒、米シカゴ大学ロースクール修了。89年通商産業省(当時)入省。大臣官房企画官、中小企業庁制度審議室長などを経て、国家公務員制度改革推進本部事務局勤務。2009年7月退官。2011年12月大阪府特別顧問、大阪市特別顧問に就任。著書に『官僚のレトリック―霞が関改革はなぜ迷走するのか』『「規制」を変えれば電気も足りる』ほか。

 公務員制度改革というのは、1950年代から課題と認識されながら、ずっと先送りになっていたものなんですね。政治家たちも、公務員制度改革の必要性を感じても、役人を敵に回すと大変だから、なかなか手をつけられなかった。小泉政権のような国民的にも人気があり、いろんな改革を手掛けた政権ですら、公務員改革には触れなかった。

 郵政改革なら、政治家や官僚の中に反対する勢力はいるけど、限定的。しかし、公務員制度改革の場合、霞が関全体を敵に回すことになるので、ハードルが高い。その結果、どうなったかというと、いろんな改革をやろうとしても、官僚組織が抵抗する側に回ってしまう。

 郵政改革なんて典型例ですが、当時、旧郵政官僚が反対の根回しをしたり、いろんな抵抗があったりして、その後、郵政解散と選挙まで経て改革法案を通したのに、結局、最後は官僚組織の抵抗でひっくりかえされちゃう。公務員制度改革をやらない限り、個別分野の改革はなかなか進まないし、一歩進んだと思えば戻されちゃうのです。

橘川:そこで、渡辺喜美さんが本気で公務員制度改革をやろうと担当大臣になったわけですね。

変えるべきは公務員ではなく「制度」

:その時に、官僚のことが分かってる人間が必要だよね。ということになり、渡辺さんがあちこちに声かけて、これはもう古賀さんが公表されているから言ってよいと思いますが、古賀茂明さんの推薦で、僕が補佐官になったんです。

 それで安倍内閣の時は、順調に進んでいたのですが、福田内閣、麻生内閣になって、政権が混乱してきて、公務員改革をやる気がなくなってしまった。公務員制度改革なんて、政権がやる気をなくしたら続けられるわけがないので、あっという間につぶされてしまった。

橘川:やがて、民主党の政権交代になる。

:民主党は政権を取ったら公務員制度改革をやります、と言っていたが、実際に政権をとってみたら、完全にストップ。それどころか、これまでより逆行させてしまって、とんでもないことになっているというのが現状です。

橘川:公務員の問題で一番改革しなければいけないことって、何ですかね?

コメント15件コメント/レビュー

官僚に残業代なんて出ませんよ。あ。一応出るか。10時間残業して1時間位の残業代なら。(2012/08/25)

「橘川幸夫の オレに言わせれば!」のバックナンバー

一覧

「80年代の「様式美」偏重の空気が役所を悪くした」の著者

橘川 幸夫

橘川 幸夫(きつかわ・ゆきお)

デジタルメディア研究所代表

1972年、音楽雑誌「ロッキングオン」創刊。78年、全面投稿雑誌「ポンプ」を創刊。その後も、さまざまな参加型メディア開発を行う。現在、阿佐ケ谷アニメストリート商店会会長、未来学会理事などを勤める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

官僚に残業代なんて出ませんよ。あ。一応出るか。10時間残業して1時間位の残業代なら。(2012/08/25)

今回のコラムもそうだが、この手の話に共通する「まあ、総体的にみれば、まともな優秀な人が多い。だからこそ、制度改革さえやれば、もっと良い成果を出せるはず」という筋立てが大きな勘違い、というところからスタートしなければたぶん日本は未来永劫良くならないと思う。官僚、即ち東大法学部卒の人たちは、残念ながら日本の最高峰の頭脳ではぜんぜんありません。私もそうでしたが、地方の有名進学校に行った人なら分かると思いますが、そうした学校では全国どこでも最も成績の良い生徒はまず医学部を目指し、次に優秀な生徒はその他の理工学系を目指し、残った連中の中で数学の苦手なのや世間擦れしたのが東大法学部を目指すんです。従って、いわゆる地頭という意味では東大法学部に行った連中はもともと二流なんです。東大文?の偏差値が70なんてのは要するに文系の中だけでの比較であって、同じ70でも理?の70とはもともとぜんぜんレベルが違います。この点をなおざりにしたまま、日本の官僚は優秀なんだから制度を直せば全体も良くなるはず、などと言っている限りこの国は立ち直りません。様式美もおばか規制も要するに彼らの能力の精一杯の表現だったんです。(2012/08/22)

確かに様式美は持っているのかも知れませんが、霞ヶ関が深夜まで残業している理由の一つが国会待機。国会議員が自身の能力では答弁資料を作れないために官僚に依存する以上、官僚代弁者になってしまうのは自明。霞ヶ関のみならず、本省では即時入手できない情報が地方出先機関にしか無いことも多く、それらも必然的に遅くまで残業している。国会議員には残業代が出ないが、議員の下請けをする官僚には残業代が出る。それも税金であることを、なぜか当選すると議員は忘れてしまう。(2012/08/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長