• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

FRBが量的緩和(QE)に踏み切った理由

第4回 危機の余波 その1

  • ベン・バーナンキ

バックナンバー

2012年8月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

バーナンキ議長:皆さんこんにちは。いよいよ4回の講義の最終回となりました。今日は「危機の余波」について話したいと思います。

 第3回の講義では、2008年後半から2009年初めにかけての危機が最も深刻だった局面の話をしました。米国及びそのほかの先進国も金融パニックに見舞われ、グローバル金融システム全体の安定性が脅かされる中、米連邦準備理事会(FRB)はほか金融当局と協力し、「最後の貸し手」としての役割を果たし、短期資金の供給を行うことによって主要な大手金融機関と市場の安定を図りました。本日の講義では、このことについて見ていきます。

 今、歴史を振り返って引き出すことのできる結論の1つは、FRBが今回の危機で行った対応は特別で前例のないものではなく、まさに中央銀行の歴史的な役割にのっとった措置だったということです。中央銀行の歴史的な役割とはすなわち、パニックを終息させるため、「最後の貸し手」としての機能を提供することです。

 今回の危機が従来と違った点は、金融システムの構造の在り方が違ったという点です。つまり、問題は「銀行」と「預金者」ではなく、「証券会社」と証券の貸し借りをする「レポ市場」であり、そしてMMF(マネー・マーケット・ファンド)とCP(コマーシャルペーパー)にあったことです。

 こうした違いはありましたが、短期資金を提供してパニックを食い止めるという基本的な発想は、英ジャーナリストだったウォルター・バジョットが1873年に書いた著書「ロンバート街」の中で想定した構想と何ら変わりません

スワップ協定など今も海外の当局と連携を続けている

 私はFRBの行動に焦点を置いて話をしてきました。もちろん、これが今回の講義のテーマですが、もちろんFRBだけで問題に取り組んできたわけではありません。FRBは米国のほかの機関及び外国の金融当局とも密接に協力して、事態の解決に当たってきました。

 例えば、米財務省は、米議会でいわゆる「TARP(不良債権救済プログラム)」と呼ばれる法案が成立したのを受けて危機終息に向け対応に取り組みました。財務省は、銀行が資本不足に陥らないよう監視を行い、米国政府は一時的な措置として多くの銀行に資本を注入しました。今では既にこうした状況はほとんど解消しています。

* 2008年10月3日に米議会で成立した修正金融安定化法案。Troubled Assets Relief Programの略で、金融危機対応のために米国の金融機関に公的資金を投入する枠組みを決めた

 連邦預金保険公社(FDIC)も重要な役割を果たしました。とりわけ、無利息当座預金に対する預金保険の上限が25万ドル(約1950万円)から事実上無制限に引き上げられました。FDICはまた、最長3年までの社債発行を希望する銀行に保証を与え、市場からの資金調達を助けました。FDICが保証料を取ってこれらの社債を保証したことで、銀行は長めの資金を調達することが可能となったのです。このようにFRBは、ほかの米当局と協力して危機解決を図ったのです。

コメント0

「さあ、バーナンキ議長の講義を聞こう!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏