• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「上司は嫌われてもいい」を曲解するな

  • 高柳 正盛

バックナンバー

2012年8月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 上司は部下に嫌われてもいい──。

 日頃、取材をしていると、しばしばこんな発言を耳にします。

 部下に媚びるなんてまっぴらゴメンだ。そもそも部下に遠慮していて、いい仕事ができるわけがない、といったところなのでしょうが、果たしてそれでいいのでしょうか。

吉越浩一郎 吉越事務所代表、元トリンプ・インターナショナル・ジャパン社長(写真:鈴木愛子)

 確かに、優秀な経営者の中にも「部下に好かれようとしているうちはダメだ」と主張する人もいます。

 元トリンプ・インターナショナル・ジャパン社長の吉越浩一郎さんもその1人です。

 「日経トップリーダー」の取材でも吉越さんは「リーダーは厳し過ぎて結構。やるべきことは人気取りではない。下から好かれようなどという気持ちは最初から捨ててかかれ」と忠告しています。

リーダーの条件9

信頼される存在になれ

 それでも、私はやはり「嫌われるより好かれるほうがいい」と考えます。部下に嫌われると、往々にして無用な反発を招きます。

感情的にこじれるリスク

 「あいつ(上司)の言うことに従うが、最低限のことしかしない」「プライベートでは絶対に口を利かない」などと、若い社員が言っているのを聞いたのは1度や2度ではありません。

 上司と部下の関係が感情的にこじれれば、スムーズに行くはずの仕事に支障が出ます。そのうち何を言っても、部下は上司に反発するようになります。これは理屈ではないだけに、たちが悪い。

 なぜ、こんなことを話すかといえば「上司は嫌われてもいい」という言葉の真意が、どうも曲解されているケースが多い気がしてならないからです。

 重要なのは「上司は部下に対し、言わなければならないことは嫌われてでも告げなければならない」ということであるはずです。普段から嫌われても構わないということではありません。

 挨拶されてもろくに返事もしない、説明する必要のあることでも「そんなこと、自分で考えろ!」などと怒鳴るばかり……。

 こんな上司の下に付いた部下は悲惨です。下手をすると、将来の有望な芽が摘まれかねません。

コメント3

「日経トップリーダー編集長があえて言わせてもらいます!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者