• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

部下が伸びるも腐るも上司次第だ

  • 高柳 正盛

バックナンバー

2012年9月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 以前、ある美容院で髪を切っていたら、美容師が話しかけてきました。

 「見習いも含め、美容師全員で積み立てをしているんです。お金が貯まったら『ザ・リッツ・カールトン東京』で食事をしようと思って」

 「仲間内の宴会にしては、随分豪勢だね」

 「いえ、目的は『本当のサービス』を体感することなんです。若いうちは一流のサービスに接する機会なんて、ほとんどないでしょう。でも、私たちは店でお客様に最高のサービスを提供したい。ならば、一度くらい世界屈指のサービスでもてなすと言われるホテルの接客を受けたほうがいいと皆で話し合ったんです」

 思わず胸が熱くなりました。20代がほとんどであろうその店の美容師の月収は、お世辞にも高いとは言えないはず。それでも身銭を切って学ぼうとしている。

 しかも、それは強制されたわけではなく、自主的な行動だったからです。

モチベーションは自ら作るもの

 上司の仕事は部下のモチベーションを上げることだと、しばしば言われます。

 しかし、モチベーションは本来、自ら生み出すものでしょう。人から与えられて高まるものではない。自分で考え、動くからこそ士気は上がり、それで得られる結果によって人は成長することができるのです。

 では、社長や上司は部下を放置していいかと言えば、そうではありません。

 何をすればいいのか。まずは「自らの力でモチベーションを上げてほしい」と部下に自覚を促すことでしょう。自分で行動しなければ何も起こらないということを、理解させなければなりません。先ほどの美容師は言います。

 「ウチの店長は『仕事は毎日同じことの繰り返しのようで、実はそうではない。今、お客様がどうすれば喜ぶのかを、それぞれが考えろ。そして要望があったときに応えられるよう、備えておけ』と口癖のように言います。だから、自然に店全体がそうした雰囲気になっています」

リーダーの条件12

部下のために環境を整え、機会を与えよ

 部下の行動をサポートすることも上司の仕事です。

 会社に若手が挑戦しやすい雰囲気があるか。失敗を無闇に糾弾してはいないか。そもそも部下の話に十分耳を傾けているか――。

コメント2件コメント/レビュー

昔乗ったタクシーを思い出しました。強めの雨を避けたかった私は、ドアが開くとキャリーバッグを引き込みながら乗車しました。運転手はシートに座ったまま荷物をトランクへと言い、私が大丈夫ですと言いながら着席したのをミラー越しに見ると苦々しそうにぶつぶつ言いながら、外へ出てトランクを閉めると不機嫌そうに運転を始めました。目的地に着いて私が降りて空いたシートを見た運転手は、まだ開いたままのドアから聞こえよがしに、替えたばかりのシートカバーにカバンから滴った雨水でシミが出来たと大げさに嘆き運転席から降りてその汚れを払いながら大声で文句を言い続けていました。多少申し訳ない気もしましたが、乗車の際にドアを開ける前に運転席を降りて傘をかざしながら(たとえ濡れた荷物を車内に持ち込まれたくないからでも)、荷物を積むのを手伝う気配を見せてくれていたら私も多少雨に濡れるのを厭わず、気持ち良く荷物をトランクに収めた事でしょう。雨に濡れたくないのは誰でも同じ。しかし僅かな所作の工夫でお互い少し濡れはしても、気持ち良く丸く収まったものを、と残念に思った次第です。(2012/09/03)

「日経トップリーダー編集長があえて言わせてもらいます!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

昔乗ったタクシーを思い出しました。強めの雨を避けたかった私は、ドアが開くとキャリーバッグを引き込みながら乗車しました。運転手はシートに座ったまま荷物をトランクへと言い、私が大丈夫ですと言いながら着席したのをミラー越しに見ると苦々しそうにぶつぶつ言いながら、外へ出てトランクを閉めると不機嫌そうに運転を始めました。目的地に着いて私が降りて空いたシートを見た運転手は、まだ開いたままのドアから聞こえよがしに、替えたばかりのシートカバーにカバンから滴った雨水でシミが出来たと大げさに嘆き運転席から降りてその汚れを払いながら大声で文句を言い続けていました。多少申し訳ない気もしましたが、乗車の際にドアを開ける前に運転席を降りて傘をかざしながら(たとえ濡れた荷物を車内に持ち込まれたくないからでも)、荷物を積むのを手伝う気配を見せてくれていたら私も多少雨に濡れるのを厭わず、気持ち良く荷物をトランクに収めた事でしょう。雨に濡れたくないのは誰でも同じ。しかし僅かな所作の工夫でお互い少し濡れはしても、気持ち良く丸く収まったものを、と残念に思った次第です。(2012/09/03)

河合さんのもそうですが、これも山本五十六の言葉を形を変えて言い換えているだけじゃ無いですか?もうちょっと奥行きのある話かと思いましたが残念です。(2012/09/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長