• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「風が吹けば桶屋が儲かる」的発想で極めたい「目的・手段の連鎖」

2012年10月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 政治、経済、そして国際など、めまぐるしく変わる環境の中で、明日の決定を下すことがむずかしくなってきました。このことは、多くの経営者、ビジネスリーダーは実感されているのではないでしょうか。そして、もはや現場をマネジメントする立場にある人にとっても、必要な時代になってきました。

 明日の決定学の中には、「目的・手段の連鎖」と言うのがあります。ファンクショナル・アプローチの基礎的な思考でもあります。このスキルを身につけていれば、戦略的な決定を下すことができます。どうして、出来るのでしょうか。今回は、そこから始めたいと思います。

目的思考の勘違い

 目的思考を勘違いしている人が多いです。この『明日の決定学』では、これまで幾度となく目的思考の大切さを伝えてきました。その反対は手段思考です。手段思考では、過去の成功事例を追い求めるだけになってしまいます。本来のあるべき姿に向かって思考することができなくなってしまうのです。事例が役立たない時代には、向いていないのです。だからと言って、手段思考を止めろと言っているのではありません。「どうやればいいのか」とか、「誰に聞けばいいのか」と言ったことは、日常的に必要なものです。それが、ビジネスの決定を早め、効率化につながっていくことは否定しません。

 ただ、「何のためか」とか、「何に役立つのか」と言った質問に適切にこたえられない人が多いのも事実なのです。多くの人は、こう答えます。「会社のため」とか、「顧客のため」と言うのです。間違っていません。もっともです。続いて質問します。「この活動が、顧客のためになる仕組みはどうなっていますか」と聞くと、答えられないのです。

 つまり、最終的な目的しか、判っていないのです。そこに達するまでの目的・手段の連鎖が全く掴めていないのです。これは目的思考になっているとは言えません。なぜなら、ビジネスの仕組みを知らないままだと、今の手段を手放すことができないからです。

コメント0

「「明日の決定学」」のバックナンバー

一覧

「「風が吹けば桶屋が儲かる」的発想で極めたい「目的・手段の連鎖」」の著者

横田 尚哉

横田 尚哉(よこた・ひさや)

ファンクショナル・アプローチ研究所

顧客サービスを最大化させる経営改善コンサルタント。米GEの価値工学に基づく改善手法を取り入れ10年間で総額1兆円の公共事業改善に乗り出し、コスト縮減総額2000億円を実現させる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長