• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ケース1「チームの仲良ければ成績も伸びる」と信じている上司

「職場の雰囲気が大事。表面的な平和主義」で駄目になる

2012年11月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

組織運営に悩む6人の“こまった上司”たちが登場します。上司たちの悩みの根源がどこにあるのか? アクションラーニングの斉藤さんがどうすればチームが活性するのかを解説します。

【質問】「チームの仲良ければ、成績も伸びる」と思っているのですが・・・

 専門商社で働いています。

 私は入社以来、上司・先輩に恵まれてきました。特に私が新人だったときの上司は、常に紳士的で、私がなにか失敗をしても声を荒げることなく、丁寧にフォローをしてくれていました。私もいつか誰かの上司になる時には、こんな風になりたい。そう憧れる存在でした。

 そして私は今年に入ってから、小さなチームのマネジメントを任されるようになりました。ついに、部下を持つ立場になったのです。部下の数は3名と少ないのですが、チーム仲良く仕事ができるよう、私なりに努力をしてきました。

 会議では常に、全員が同じくらい発言できるよう、時間配分にも気を遣っています。ちょっとした雑談の途中で、部下同士で意見が対立しそうな時は、話題を変えるようにしています。

 3人の部下の中には、遅刻癖のある人もいます。私は毎朝定時に出社をするので、それが気になってはいるのですが、まあ小さなことだなと、気にとめないようにしています。

 先日はこんなこともありました。もっとも若い部下が、先輩社員に向かって、その社員がやってきた仕事の進め方を否定するようなことを言うのです。内心イラッとしましたが、やんわりとたしなめる程度に留めました。

「職場の雰囲気をいい状態に保ちたい」

 また別の部下は、隣のチームの業務内容を侵犯するような営業プランを提案しました。それをやってしまっては、隣のチームに顔に泥を塗ることになります。それに、今のチームには、そんなことをしてまで達成しなくてはならない目標もありません。なので、その提案に対しては、特に返事をしていません。このまま忘れたふりをするつもりです。

 職場の雰囲気をいい状態に保ちたい。そうして、彼らにこの会社を好きになってもらいたい。そう思ってこういったことをしてきたのですが、先日、ショッキングなことを上司に言われました。私のチームは、同じ部にあるどのチームよりも、成績が悪いと言うのです。隣のチームに比べると、成果は3分の1以下だとまで言われました。しかし、隣のチームといえば、チームのメンバー同士の対立が激しく、また、リーダーにも、物議を醸す言動が多くみられます。今は定かではありませんが、かつてはそうでした。

 仲のいいチームのパフォーマンスが、仲の悪いチームのパフォーマンスを下回るということが、にわかには信じられませんし、私は仲の良いチームで仕事をしていきたいのですが、どうしたらいいでしょうか。

コメント1

「となりの課長がモテるわけ」のバックナンバー

一覧

「ケース1「チームの仲良ければ成績も伸びる」と信じている上司」の著者

斉藤 秀樹

斉藤 秀樹(さいとう・ひでき)

アクションラーニングソリューションズ代表取締役

ビジネス・チームビルディングの第1人者として、コンサルタントして活躍。アクションラーニングソリューションズ代表取締役、日本チームビルディング協会代表理事。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監