• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

昼間にホタルを探せますか?

放射性物質検査は「絶対」なのか

  • 佐藤 央明

バックナンバー

2012年10月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「昼間にホタルを探すようなものですよ」

 ここ数カ月の取材で、一番印象に残った言葉だ。

 食品に含まれる放射性物質の検査について、千葉市稲毛区にある「日本分析センター」を訪ねたときのこと。取材に応じたIT室調査役の太田裕二氏が、検査の難しさを例えてくれたのが冒頭の言葉だ。どういう意味かは後述するとして、まずは一般的な放射性物質の検査などについて説明したい。

 食品に含まれる放射性物質を測定する機器は大きく2種類ある。1つが「ゲルマニウム半導体検出器(以下、ゲルマ)」。その重さは1トン以上。価格も1000万円程度と、非常に高価な測定機器だ。もう1つが「NaIシンチレーション検出器(以下、NaI)」。価格はおおむね100万~400万円程度で、持ち運びできるポータブルタイプや据え置き型がある。

 ゲルマとNaIの最大の違いは、「(エネルギー)分解能」と呼ばれる分析精度だ。

 放射性物質が崩壊する過程で、ガンマ線などの放射線が放出される。このガンマ線のエネルギー領域は放射性核種によって異なり、例えばセシウム134は605keV(キロ電子ボルト)および796keV、セシウム137は662keVのガンマ線を主に放出する。核種ごとのエネルギー領域を測定機器が正確に読み取ることができれば、放射性物質を識別できる。

 この分解能(分析能力)が非常に高いのがゲルマで、かなりの精度で核種を特定できる。一方のNaIは分解能が低いため、誤差が生じやすいという違いがある。

 NaIで食品を検査するときには、鉛などで検出部の周囲を遮蔽する必要がある。むき出しのまま測定すると、食品中の放射性物質だけでなく、周囲にある放射性物質からのガンマ線も拾ってしまい、正しく測定できなくなってしまうためだ。

コメント0

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官