• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

終身雇用、年功賃金がいつまでも続いている理由

日本型雇用慣行について考える(その1)

2012年10月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 これまで延々と成長戦略について論じてきたので、そもそもこの連載で何を議論しようとしていたのか分かりにくくなってしまった。もう一度連載の本題に戻ってみよう。この連載は、日本経済がいろいろな面で行き詰っており、問題解決の方向に向かうどころか、問題は深刻化しているという危機感から出発している。

 そのような問題意識の中で考えたのが、「今後必要な政策方向と国民が支持する政策方向が食い違っている」という問題だ。これは結構深刻である。現状を変えなければならないのだが、多くの人々は現状のままが良いと思っている。すると、政治的にはどうしても現状維持的な政策が取られやすくなる。そうこうしているうち問題はますます深刻化していく。そんな類の問題として、以下では、日本型雇用慣行の問題を取り上げてみたい。

40歳定年制の議論

 日本型雇用慣行の問題を取り上げようと思ったきっかけは、前回まで議論してきた、野田内閣の成長戦略「日本再生戦略」である。前回述べたように、この成長戦略を策定するため設けられた有識者の検討の場である「フロンティア分科会」が報告書を公表しているのだが、この分科会で出てきた政策の中で、あるものは正式に成長戦略に取り込まれ、あるものは、最終的な戦略には残らなかった。

 その途中で消えた政策の中で私が注目したのは、「40歳定年制の提言」(フロンティア分科会報告書参照)である。具体的には次のようになっている。

 「企業内人材の新陳代謝を促す柔軟な雇用ルールを整備するとともに、教育・再教育の場を充実させ、勤労者だれもがいつでも学び直しができ、人生のさまざまなライフステージや環境に応じて、ふさわしい働き場所が得られるようにする。具体的には、定年制を廃し、有期の雇用契約を通じた労働移転の円滑化をはかるとともに、企業には、社員の再教育機会の保障義務を課すといった方法が考えられる。場合によっては、40歳定年制や50歳定年制を採用する企業があらわれてもいいのではないか。…こうした雇用の流動化は、能力活用の生産性を高め(筆者注、「能力活用の生産性を高め」という意味は、私には分からない。「能力活用の場を広げることによって生産性を高め」ということなら分かる)企業の競争力を上げると同時に、高齢者を含めて個々人に働き甲斐を提供することになる」

 私はこの部分を見て大変驚いた。驚いた理由は二つある。一つは、この議論は要するに労働力の流動化を促すべきだと言っているわけであり、これは成長戦略の極めて重要なポイントであることだ。簡単に言えば、人口に占める労働力の割合が低下するという人口オーナス時代においては、限られた労働力をできるだけ有効に活用していくことが必要となる。そのためには、産業・企業を超えて労働力の再配置を行っていくことが必要となる。この時障害となるのが、終身雇用的な日本の雇用慣行だ。40歳定年制は、この硬直的な従来型の雇用慣行を打ち破る方策として提案されているのだ。私は、ポイントを突いた立派な政策が登場したのに驚いたわけだ。

 私が驚いたもう一つの理由は、この労働力の流動化、終身雇用的慣行の打破という点は、現実に行われている政策方向と全く逆だということだ。現実に行われていることは、年金給付支給年齢の引き上げと関連してむしろ定年を延長したり、パート労働者の待遇改善のために、積極的に有期雇用を無期雇用(いわゆる正社員)に切り替えようとしたりしている。要するに、労働力の流動化どころか、固定化に向かっているのだ。つまり私は、現在の政権がやろうとしていることと全く逆の政策が登場したので驚いたのである。

コメント25件コメント/レビュー

終身雇用・年功序列は「Japn as NO.1」の時代には世界に冠する優れたシステムと評価されていたと記憶しています。残念ながら現在では、「諸悪の根源」といわゆる進歩的な人々のやり玉に挙がっています。日本は長い歴史の中で育まれた、優れた文化があります。ある経済学者のもとで行われた、日本文化を無視した日本のアメリカ化が問題であり、現状に至った原因を本当に追求せずに上っ面だけ議論しているようにしか見えません。筆者も優秀な方ですので、このような事は認識されていると思います。日本は「文明の利器」は日本文化に合うように輸入し活用した素晴らしい民族です。日本人は「日本型のシステムで何が悪い」と世界に言えるように自信を持ちましょう(2012/10/31)

「小峰隆夫の日本経済に明日はあるのか」のバックナンバー

一覧

「終身雇用、年功賃金がいつまでも続いている理由」の著者

小峰 隆夫

小峰 隆夫(こみね・たかお)

法政大学大学院政策創造研究科教授

日本経済研究センター理事・研究顧問。1947年生まれ。69年東京大学経済学部卒業、同年経済企画庁入庁。2003年から同大学に移り、08年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

終身雇用・年功序列は「Japn as NO.1」の時代には世界に冠する優れたシステムと評価されていたと記憶しています。残念ながら現在では、「諸悪の根源」といわゆる進歩的な人々のやり玉に挙がっています。日本は長い歴史の中で育まれた、優れた文化があります。ある経済学者のもとで行われた、日本文化を無視した日本のアメリカ化が問題であり、現状に至った原因を本当に追求せずに上っ面だけ議論しているようにしか見えません。筆者も優秀な方ですので、このような事は認識されていると思います。日本は「文明の利器」は日本文化に合うように輸入し活用した素晴らしい民族です。日本人は「日本型のシステムで何が悪い」と世界に言えるように自信を持ちましょう(2012/10/31)

日本において40才定年制を設けると確実に失業者が増えます。これは歴史を見ても明らか。非正規雇用を増やした挙げ句がこのデフレを招いている。なのでこの政策を行いたいのであれば企業にそれなりのペナルティを課さねば決して再生はしないだろう。例えば失業保険の失業者に払わせる給付金は企業が分担して払う。その年の利益と従業員の数から削減数と増加数の差分により本来支払うべきであった金額の半分を生活保護に使用するよう召し上げる等、企業にも一定の責任を持たせなければ日本は決して浮かび上がれないだろう。(2012/10/19)

終身雇用や年功序列制度は日本人の一般的人生プランを前提に成り立っています。若い独身時代はあまりお金が掛からないが、結婚すると少し余計に必要になる。子供も小さい頃はともかく成長に伴い教育費も増える。その途中に住宅購入などの大きな費用も掛かる。といった具合に年齢が嵩むほどにお金も必要になってくる。こういった生活形態に日本型終身雇用制度はピッタリの優れた仕組みなのです。最近はこれに成果主義を混ぜているのも折衷策としてまずまず受け入れられるでしょう。 もしこの制度を全て改めるのであれば養育費や住居について国家が全て面倒を見る仕組みにする必要があります。欧米などではこういった仕組みも見られるようです。この点を無視して雇用形態だけ欧米の真似をしてはいけないと思います。(2012/10/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長