• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ありえないビジネス6選」~まとめ系サイト風に書いて思考したこと

まとめ記事の人気は、人々の知りたい欲求の希薄化とは関係ないと思います

2012年10月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 このニュースサイトは、国内にいくつかある、しょうもない(すみません。褒め言葉です)ニュースばかりをとりあげる代表格のサイトです。ニュースが本当にしょうもないのも驚きですが、そもそもこんなニュースばかりを集めて人気のサイトになり、ビジネスにしてしまうこと自体も驚愕です。

本来ビジネスになり得ないものを

 考えてみればカヤックという会社も、そういった本来ビジネスになり得ないことをビジネスにしたいというチャレンジを何度も行っており、なんとかなってきたという事実があります。

 例えば、ART-Meterなんかはそうですね。

絵画の測り売りです。素人の絵を売っているのですが、このサービスをスタートするときに絵画業界の方にはあきれられ、やってもしょうがないと言われました。

 こういったあり得そうもないビジネスをつくるチャレンジにカヤックがなぜ惹かれるかというと、面白法人というキーワードに込められた思いがあるからです。

 面白法人の「面白さ」の定義は、オリジナリティがあること、個性があることです。他者がやっていないようなことをやってビジネスを構築できるのであればそれは本当にエキサイティングなことです。また、それは1人ひとりの個性が輝く社会にもつながると思っています。人には必ず何かしらの才能がある。そんな可能性を示せれば、多くの人を勇気づけるようなことではないでしょうか。

 そこで、今回はよくまぁ、これをビジネスにしているな・・と思われるサービスを紹介したいと思います。

コメント0

「ビジネスという“奇妙な冒険”」のバックナンバー

一覧

「「ありえないビジネス6選」~まとめ系サイト風に書いて思考したこと」の著者

柳澤 大輔

柳澤 大輔(やなさわ・だいすけ)

面白法人カヤック代表取締役

1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。数千~数万人規模のネットサービスを幅広く展開。ユニークな人事制度や、ワークスタイルなど、制度面も実験中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授