• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

念願かなって『JOJOの奇妙な冒険』作者にお会いできました!!

僕は漫画からビジネスを学んできた

2012年10月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日、念願がかないました!
 なんと、『JOJOの奇妙な冒険』(以後JOJO)の作者でもある、荒木飛呂彦先生にお会いすることができました。JOJOが生誕25周年ということで、そのお祝いの場に参加することができたのです。

 JOJOという作品のすごさ、それを25年も続けている荒木先生のすごさについては世間の誰もが認めていることですし、漫画界だけではなくファッション業界にまで認められたその世界観についてはここでは書ききれないと思いますが、とにかく「かっこいい」の一言につきます。その作品の世界観は、クリエイターはもちろん、多くの起業家にも影響を与えています。新しいチャレンジをする人にとっての指針と言えるかもしれません。

友情、努力、勝利。会社経営に必要なこと

 人格形成において漫画に影響を受けた起業家というのは結構多いと思います。以前、とある書店の企画で経営者20人が推薦する漫画を紹介するコーナーに参加したのですが、みなさん漫画が好きで、本当に愛情を持っていました。

 僕は今年で38歳ですが、この前後の年代の経営者は、ちょうど小学生中学生だった頃と週刊少年ジャンプなどの黄金期がかぶっています。ジャンプシステムといわれる、友情、努力、勝利。これはまさに会社経営に必要なことで、そこから多くのことを学んだといっても過言じゃありません。

 中でも、漫画の名シーンや名セリフには、ほんとに生きていく上で、そしてビジネスにおいても生かせる教訓があります。

 JOJOは、その僕の人格形成においても、ビジネスマンとしても、影響を受けた作品の1つです。

JOJOの名台詞 1つだけ紹介

 ここで、僕が漫画を通してどんなことを学んでビジネスにいかそうとしているのか、それを1つだけ紹介したいと思います。JOJOのセリフから。

ぼくには指4本など失ってもいい理由がある! それは父を守るため! ジョースター家を守るため! 君らとは闘う動機の「格」が違うんだ!
(『ジョジョの奇妙な冒険』part1 1巻 P186)

「ビジネスという“奇妙な冒険”」のバックナンバー

一覧

「念願かなって『JOJOの奇妙な冒険』作者にお会いできました!!」の著者

柳澤 大輔

柳澤 大輔(やなさわ・だいすけ)

面白法人カヤック代表取締役

1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。数千~数万人規模のネットサービスを幅広く展開。ユニークな人事制度や、ワークスタイルなど、制度面も実験中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長