• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

カロリーゼロに違和感あり

商品の栄養表示に騙されない!

  • 田代 真人

バックナンバー

2012年10月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 コンビニをのぞくと棚にあふれる多数の飲食品。数々のお菓子にカップ麺、コーヒー、ジュースに始まってビール、酎ハイ、最近ではノンアルコール飲料もいろいろな種類が販売されている。そしてそれらのパッケージに目をやると少ない面積に色とりどりの言葉が躍っている。

違和感のある栄養表示基準

 暑かった夏もようやく収まり、食欲の秋到来で、なんとなく食欲増進の気分だ。とはいえ、健康にも気をつけたいし、食欲とともに体重増進となっても困ってしまう。そういう生活者に向けて、数々の機能性食品や飲料が人気を博している。それらのパッケージには、皆同様に“糖質ゼロ”、“糖類ゼロ”、“カロリーゼロ”、“カロリーオフ”など文字が書かれている。ついつい食べ過ぎてしまうこれからの季節に、これらの食品は魅力的だ。

 しかし、表示をそのまま信じることは止めたほうがいい。なぜならこれらの表示には多少の嘘が含まれているからだ。これら栄養表示自体は、栄養改善法から平成15年(2003年)に施行された健康増進法に引き継がれており、次のように定められている(一部省略)。

(栄養表示基準)
第三十一条 内閣総理大臣は、販売に供する食品(特別用途食品を除く。)につき、栄養表示(栄養成分又は熱量に関する表示をいう。以下同じ。)に関する基準(以下「栄養表示基準」という。)を定めるものとする。

 この法律を受けて、飲食品には各々表示がされている。しかしその基準が、過度の揺らぎを許している。消費者庁の「栄養成分表示とは」という資料にその基準がある。

 ここではまず「たっぷり」「ひかえめ」「ゼロ」などの“強調表示”の基準があり、各成分が基準値以上であれば「高い旨[高、多、豊富等]の表示」をおこなってよいことになっている。

 問題は、「含まない旨、低い旨、低減された旨の表示」に示された基準である。それでも「低い旨[低、ひかえめ、少、ライト、ダイエット等]」は感覚的表現なので違和感はない。問題は第1欄の「含まない旨」である。以下の表のように「無」、「ゼロ」、「ノン」などの表示は、実際の値が「0」でなくてもいい。「0」でなくても「0」と表示していいことになっている。ここに違和感を感じる。

「栄養表示基準等の取扱いについて(平成8年5月23日衛新第46号)」より抜粋

コメント11

「「売る」と「売れる」境界線のコミュニケーション力」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長