• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「冷たい反日」長引く

ある愛国活動家の独白

2012年10月30日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 パンダ、諸葛孔明、麻婆豆腐。四川省・成都に抱くイメージはこんなところだ。

 もう少し詳しい人なら、四川省で2008年に大きな地震が起き、ずさんな工事で倒壊した小学校の父兄が訴訟を起こしたことや、イトーヨーカドーの大繁盛店があることが頭の片隅にあるかも知れない。そして、ここ10年ほど断続的に反日デモが起きていることも。

 成都、長沙、蘇州、上海と、中国のいくつかの都市を回った。少し視線が厳しい感じはするが、表立った日本排斥はなかった。日本食のレストランが店名を隠したり、日本車に中国国旗を掲げたりする動きも収まっている。しかし日本車の売れ行きは回復せず、オフィス用品などで日本製品の購入を控える動きが見られるなど「冷たい反日」は途絶えることなく続いている。成都で、かつて反日運動に身を投じ、いくつかのデモでリーダー役を務めた人物に接触した。彼の主張は極端な部分も随所に見られるが、共鳴する若者が少なくないのも事実だ。彼の独白は、中国人が何を感じ、考えているかを探る材料にはなるだろう。

日本車の販売が急減速するなど、日本製品を避ける動きが続いています。さらに長引きますか。

 「先に少し近況を話すと、今はもう直接にはデモなどに加わっていない。過去のデモで当局に拘束されたことがあり、さらに(反日運動に)身を投じるのは危険だ。中国の当局は国民が色々な不満を持っていることを知っていて、デモを利用してガス抜きをしようとしている。ただ、コントロールしきれなかったり、自らに批判が及んだりすることは絶対に避けようとする。この辺りは日本の状況分析に近い」

 「質問に答えると、日本製品の買い控えは長く続くと見るのが自然だ。日本車の燃費が良く、安全性能に気を配っていることも中国人は知っている。値段もそこそこだ。日本製品の優位性が崩れたわけではない。それでも、今の中国の消費者には多くの選択肢がある」

 「トヨタや日産、ホンダでなくとも、ドイツ車や韓国車、国内ブランドと消費者は選り取り見取りだ。日本車の相対的な優位性が崩れたわけではなくとも、選択肢そのものが大きく広がっていることがこれまでと違うところだ。日本製品がいやなら、他の国の製品の中から自分が欲しい商品を自由に選ぶことができるのだ」

コメント0

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「「冷たい反日」長引く」の著者

張 勇祥

張 勇祥(ちょう・ゆうしょう)

日経ビジネス記者

2012年から日経ビジネスの記者。転々と部署を異動してきた器用貧乏。それでも、何とか中国経済はモノにしたいと願う中年記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長