• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アンドロイド端末はテレビ受信機と同じ末路を辿る

  • 田代 真人

バックナンバー

2012年11月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 家電業界の下方修正が止まらない。パナソニックは先般、2013年3月期通期業績予想を7650億円の最終赤字へ下方修正した。年間配当も63年ぶりに無配に転落する。シャープも4500億円の通期赤字見通しを発表し、英米系格付け会社のフィッチ・レーティングスは同社の長期格付けを「BBBマイナス」から「Bマイナス」へ6段階引き下げた。「Bマイナス」とは「非常に投機的」の中でも最低ランクで、投資に非常に高いリスクを伴う企業と烙印を押されたわけである。

テレビで稼げない時代

 従来、家電メーカーの収益の柱はテレビだった。しかし、もはやテレビを含めた映像・音響分野は、エアコンや冷蔵庫などをはじめとする白物家電分野にも劣るほど弱っている。

 そもそもテレビの役割とは何だったのだろうか?
 簡単に言うと、放送局、もしくは放送局から依頼された番組製作会社が番組を制作し、その番組を観る装置である。つまりコンテンツを閲覧するハードウェアである。設置するだけでは何も映らない。電源はもとより、アンテナをつなげ、設定しないと役割を果たさない。

 アンテナもしくはケーブルテレビのモデムをつなげるとニュース・ドラマ・映画・バラエティ・スポーツなどの番組を観ることができる。結局これらがないとただの置物。自分でコンテンツをつくることもできないわけだ。

 だからこそだれも「テレビを使う」とは言わない。モノではなく表示装置にすぎなかった。それらコンテンツの“器”を作り続けたのがテレビメーカーだった。器であれば、食器と同じように中に入れるものがなければ意味がない。ただ、食器は中に入れる料理によって様々なデザインのものを揃え、複数購入するが、テレビはそうはいかない。

 映画やスポーツを観る時は大画面の方が臨場感が増すが、だからといってニュース映像用に小さな画面のものを購入することは少ない。大抵は“大は小を兼ねる”として、大画面のテレビを購入すれば、それでいい。だからこそ昨年の地デジ化導入の際、多くの人が、より大画面のテレビをエコポイントで購入してしまい、その後のテレビ販売は大きく落ち込んだ。

 そしてまた“器”だからこそ、そこには本質がない。ある程度の品質があれば、どれも一緒。しかも品質は、これ以上必要ないほどに上がってしまい、値段もいまは32インチのテレビが2万円台で購入できるほどにコモディティ化してしまった。機能により差別化することができず、値段だけが勝負の“器”になってしまった。

 だからこそ、ユーザーにとっては、そこに映る映像のみが差別化要因となる。しかし、ここに関して、これまでテレビメーカーはスポンサーになる以外なにもやってこなかったのである。コンテンツが主役にもかかわらず、あくまでテレビというハードウェアを彼らのコンテンツとして製造してきたのだ。

主役はコンテンツ

 テレビ番組の劣化が言われて久しい。いわく制作費として予算枠が小さくなったがために低予算で手軽に制作できるバラエティ番組ばかりになったという。たしかにもっとも面白い“ドラマ”は、既にライブで映し出されるスポーツ番組になっている。とはいえ、NHKなど予算がそれなりにある放送局の番組は見応えのある番組もそろっている。

「「売る」と「売れる」境界線のコミュニケーション力」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長