• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

安倍総裁が狙う「2ステップ再編」

水面下で蠢く衆院選後の政権枠組み構想

2012年11月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 党首討論での野田佳彦首相の衆院解散日明言という異例の展開で「12月4日公示―16日投開票」の選挙戦に突入した永田町。民主党議員の多くが慌て、第3極連携の動きも加速している。

 党分裂の危機にも関わらず、野田首相がこのタイミングで“伝家の宝刀”を抜いた真意について関係者の見方をまとめると、おおむね以下の3点に集約できる。

「年内解散」にこだわったワケ

 まずは、予算編成と消費増税への影響だ。政府は来年度予算案編成へ向けた作業を進めているが、仮に現在の臨時国会をなんとか乗り切ったとしても、来年1月召集の通常国会は与野党対立がさらに激化するのは必至だ。

 民主の単独過半数割れが目前に迫る中、無事に来年度予算案の成立にこぎ着ける保証はない。消費増税法を成立させた民主、自民、公明3党の合意の枠組みが崩壊する恐れもある。

 2014年4月からの消費増税の可否の主な判断材料は来春の景気動向だ。解散時期が遅れるほど、新政権による予算編成作業はずれ込む。その影響で景気が一段と冷え込めば、野田首相が政治生命を懸けて取り組んだ消費増税の実現に赤信号が灯りかねない。

 財務省幹部は「人一倍消費税に思い入れが強い野田さんは、こうした事態を最も懸念していた」と指摘する。

 また、野田首相の周辺によると、野田首相は「追い込まれる形での解散は避けたい」と漏らしていた。

 だらだらと解散時期を延ばしても大幅な情勢の改善は見込めず、「嘘つき」呼ばわりされるだけ。今なら日本維新の会など第3極の候補者擁立や連携に向けた準備も整っていない。党内からの「野田降ろし」の動きや内閣不信任案の可決を封じるにはこのタイミングしかないと判断した模様だ。

 そして、3点目が、「どうせ衆院選での敗北が避けられないのだから、来年夏の参院選まで一定期間を開けて党を立て直し、参院第1党を維持したいということ」(民主党の閣僚)。早期の解散を提唱する前原誠司・国家戦略相を始め、民主の参院議員の間でもこの立場に同調する議員が少なくない。

 “サプライズ解散”で一気に選挙モードに突入した与野党各党。急遽維新と石原慎太郎・前東京都知事率いる太陽の党が合流を決め、ほかの第3極も離合集散を加速するなど、生き残りをかけた目まぐるしい動きが続く。水面下では、次期衆院選後の政権の枠組みを巡り、早くも様々な思惑が蠢いている。

コメント8件コメント/レビュー

民主党に政権担当能力がないことが明確になった今、2大政党など夢のまた夢でしかない。維新の会も掌返しのそしりを受けながらもベテラン議員の合流を図るのは、政権経験者の知識が欲しいからだろうが、「2大」になるにはまだ役者不足。安倍氏の保守結束による政界再編によって、リベラル勢力も集まって2大政党が生まれてくれることを期待したいが、政治家は主義主張よりも政権にしがみつきたい輩が多いから難しいか‥‥。(2012/11/22)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「安倍総裁が狙う「2ステップ再編」」の著者

安藤 毅

安藤 毅(あんどう・たけし)

日経ビジネス編集委員

日本経済新聞社で経済部、政治部などを経て2010年4月から日経ビジネス記者。2012年4月から現職。政治、経済政策を中心に執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

民主党に政権担当能力がないことが明確になった今、2大政党など夢のまた夢でしかない。維新の会も掌返しのそしりを受けながらもベテラン議員の合流を図るのは、政権経験者の知識が欲しいからだろうが、「2大」になるにはまだ役者不足。安倍氏の保守結束による政界再編によって、リベラル勢力も集まって2大政党が生まれてくれることを期待したいが、政治家は主義主張よりも政権にしがみつきたい輩が多いから難しいか‥‥。(2012/11/22)

「政局よりも政策を!」と叫びたいのですが、正直言って政局は面白いですね。私たち日本の有権者もマスコミ同様に、傍観者に成り下がってしまいそうです。「水面下で蠢く」はいつものことですが、今回もピッタリの言葉で、これしか見当たらないですね。それにしても日本の政治は悲喜劇を通り越してシュール。いやはやなんとも嘆かわしい・・・(2012/11/21)

少なくとも現状においては、日本の政党政治は完全に崩壊したと考える。同じ考えを持つもの同志が集まって政治を進めやすくなるはずの政党制度がまったく機能しておらず、多数勢力を抱える政党同士が互いに潰しあうばかりで政治はまったく前に進まない。政党所属の政治家一人ひとりが何をしているのかわかりにくくなってもいる。いっそのこと比例代表制度などやめたらどうか。選挙で問われるのは候補者一人ひとりが政治に対してどう考えどう行動し、どれ程覚悟を持って望むかどうかだ。そして当選した後、政治課題一つ一つにおいて当選者一人ひとりがおのおの考え、賛成・反対に向けて行動し、その結果も全て細かく公表すればいいではないか。何も決められないのは政治家一人一人が覚悟やビジョンを持っていないからではないのか。政党を隠れ蓑にしないで、候補者一人一人が今まで何をしてきて、これから何をしようとしているのか。既存制度にしがみつく者たちと命を懸けて戦う覚悟はあるのか。今こそ、国民一人ひとりのビジョンと覚悟が問われている。(2012/11/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授