• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ますます“細かく消費される”コンテンツ

クイーンにツェッペリン、お金を払う「最後」の世代に「捧ぐ」

  • 田代 真人

バックナンバー

2012年11月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先般、今月日本で公開される『クイーン ハンガリアン・ラプソディ:ライブ・イン・ブダペスト’86』を鑑賞する機会があった。これは、もはや伝説とも言えるイギリスのロック・バンド『クイーン』のライブ映像だ。詳細はこちらを見てほしいが、1991年に亡くなったフレディ・マーキュリーの最後のライブ映像とのことだ。

 私自身高校生のとき、彼らの1979年の来日公演を観て“出待ち”し、ドラムスのロジャー・テイラーに手を振った場面を鮮明に覚えているので、非常に感慨深い映像作品だった。

コンテンツにお金を払う最後の世代とは

 久しぶりに自分の青春を振り返ってみたのだが、こういう1980年代の映像が、いまだに売れるコンテンツということを考えると、40代後半から60代の人たちは、まだノスタルジックな想いでコンテンツを消費できるのかもしれない。

 先日、レッド・ツェッペリンも2007年の再結成の模様を収めたCDと映像『Celebration Day/祭典の日(奇跡のライヴ)』を発売した。ツェッペリンのファンもほぼクイーンのファンと同世代だろう。ブルーレイ・バージョンのデラックス版からCDのみまでの多彩なラインナップが、何とか販売増につなげたいレコード会社の想いを物語っている。

 自身の青春を振り返るべく、昔のコンテンツは歳を取るからこそ楽しめるモノなのだろう。人間には過去を振り返り、昔消費したコンテンツを懐かしみ、改めて消費する余裕があるようだ。現に、最近の新聞を見ると、それこそ60代から70代の方々が観たくなるような昭和の映画のDVDや歌謡曲のCDの通販広告だらけである。

 業者としては、この世代がコンテンツにお金を払ってくれる最後の世代だという認識もあるのだろう。毎日“これでもか"というほどに宣伝されている。

 こういう状況を見るに付け、隔世の感を感じずにはいられない。というのも現在では、ほとんどのコンテンツは、ほぼYouTube(ユーチューブ)かその他の動画サイトで観ることができる。音楽であれば連続再生でBGMにもなる。ライブ映像もブートレッグがいくつもアップロードされている。

「「売る」と「売れる」境界線のコミュニケーション力」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授