• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「どうやったらネット企業を誘致できますか」という相談に答えます

2012年12月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、いくつかの市町村の方から『どうやったらネット系企業を誘致できるでしょうか?』という相談を受けました。

 地域には企業誘致による税収アップという命題があります。ネット企業の場合には場所を問わずに比較的働けるため身軽という利点があるので、誘致を想定しやすい。また面白法人カヤック自身が、ビジネスの中心地である東京ではない鎌倉という場所をあえて選択しているため、参考となる意見が聞けるだろうということで相談にいらっしゃるようです。

 確かに、ネット企業は場所を問いません。けれども、企業活動をおこなう以上は、ビジネスの中心地をなかなか離れられないのも事実です。なんだかんだと渋谷六本木界隈に集中しています。鎌倉は我々がなんとかIT系を増やそうという思いもあって、いろいろと知人の会社に声かけていたところ、徐々に増えてきて、最近では日経新聞にて「カマコンバレー」という名称でも取り上げられていました。そんなこともあり相談がきたのかもしれません。

 ですが、まだまだです。今はなんとなく鎌倉が好きな社長が、なんとなく集まっているだけともいえます。ある特定の産業がその町に集積しているところまでの道のりは遠いです。もともと僕ら自身が街づくりや企業誘致が本業ではないので、これ以上はどうしようもありませんが、先日訪れた街にすこしヒントがありました。

小布施町の町長曰く「田舎が面白い」

 訪れた街、それは小布施町という街です。
この街はwikipediaに「葛飾北斎をはじめ、歴史的遺産を活かしたまちづくりで人気を呼び、今や北信濃地域有数の観光地として認知度も高くなっている。」という記述もありますが、街の特徴を生かして上手に県内外から人を招いていることが特徴的な街です。

 街づくりを得意としている建築家などの間では著名な街であるようですが、実際にいろいろと先進的な取り組みをしています。この街に、先日、とあるイベントで審査員と講演を頼まれて訪れました。

 例えば、面白いのは、オープンガーデンという思想です。この街の住人たちは、町長をはじめ自分の庭を解放しています。そしてみんなでシェアしています。これが非常にオープンな思考を醸し出している。その思想がベースにあるので、外からきた人をオープンに受け入れておもてなすことができます。それは移住であれ、観光であれそうです。訪れた僕も本当に心地よいおもてなしを受けました。

 町長いわく、「田舎はおもしろい」、これをもっと発信していきたいとのこと。

 その「田舎は面白い」がどういう意味かというと、確かに都会の方がいろんな人がいて、いろんな刺激を受けるのは事実です(これは僕もそう思います)が、一方で、その田舎に特徴があれば、都会から世界から一流の人を時に呼び寄せることができる。そしておもてなしをして深い一夜をともにすることができる。都会にいるよりもよっぽど刺激的な人と深い関係を、時間をかけながら築くことができる。それを続けているそうなのです。

コメント0

「ビジネスという“奇妙な冒険”」のバックナンバー

一覧

「「どうやったらネット企業を誘致できますか」という相談に答えます」の著者

柳澤 大輔

柳澤 大輔(やなさわ・だいすけ)

面白法人カヤック代表取締役

1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。数千~数万人規模のネットサービスを幅広く展開。ユニークな人事制度や、ワークスタイルなど、制度面も実験中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO