• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

タイムラインを埋め尽くすあいつ

2013年1月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 その日、私のツイッターのタイムラインはイカで埋まった。

 ここ最近、同調圧力という言葉をWEB上でよく見かける。
 いや、私がフォローしているような方々は、世の中ではあたりまえと考えられていることに、そう易々とは同調しない偏屈な人が多く、同じ意見や見解ばかりTLに並ぶ、という事態には、ほとんどならない。

 ただ、そういう方達でも、そのときどきのTL上で話題になっている事柄……大きなニュースや、数多くリツイートされたつぶやきや、トレンド欄に並ぶようなワードに対して、まるきり無関心でいられる(あるいは無関心であるふりをしていられる)我慢強い人は、そう多くはない。

 たいていの人は、乗っかる。
 実は自分がさほど詳しくない話題であっても。

 ここは一言、俺もなにかいっておかないといけないんじゃないか、という誰にいわれたわけでもない謎の義務感に突き動かされ、bitの無駄づかいのようなつぶやきをしてしまう。そして「よしとりあえず参加した」という、これまた謎の達成感で自分をねぎらう。

 もとよりWEB上には古来から「祭り」と呼ばれるイベントがあり、ジブリのアニメ放映日などは実況で埋まったりするわけだが、この異様な盛りあがりを眺めていると、確かにわけのわからない参加欲求が昂じてくるのもまた事実だ。

 まるでおかげ参りである。

コメント7件コメント/レビュー

とりみきさんや漫画家の皆さんは小笠原村父島に一度行ってみて下さい。クラーケンこと、ダイオウイカの天敵・マッコウクジラウォッチングが楽しめますよ。(今は出来ませんが、ずっと昔はクジラと一緒に泳いだこともあります)今度の撮影クルーは小笠原村父島を拠点にしていますから、テレビ放送で父島の様子が映るか楽しみです。(2013/01/11)

「とり・みきの「トリイカ!」」のバックナンバー

一覧

「タイムラインを埋め尽くすあいつ」の著者

とり・みき

とり・みき(とりみき)

マンガ家

熊本県出身。ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやストーリー物も手がける。94年『DAI-HONYA』98年『SF大将』で星雲賞、95年『遠くへいきたい』で文春漫画賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

とりみきさんや漫画家の皆さんは小笠原村父島に一度行ってみて下さい。クラーケンこと、ダイオウイカの天敵・マッコウクジラウォッチングが楽しめますよ。(今は出来ませんが、ずっと昔はクジラと一緒に泳いだこともあります)今度の撮影クルーは小笠原村父島を拠点にしていますから、テレビ放送で父島の様子が映るか楽しみです。(2013/01/11)

てりぶる少年団の打ち切り以来、久しぶりにとり先生のマンガを見た。面白い。(2013/01/11)

30年来のファンである、とり先生の連載を日経ビジネスオンラインで読めるとは思わなかった。末長く続く事を期待しつつ、次回を待ちたいと思う。けど、そのうちオダジマ先生とネタがカブる回がありそうで、心配もとい今から楽しみだな(同じ材料で、どんな調理の違いが出るのか的な興味)。(2013/01/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長