• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「グーグルカー」は本当に必要ですか?

安全技術の先にあるクルマらしさの喪失

  • 伊藤 正倫

バックナンバー

2013年1月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米ラスベガスで今月開かれた国際家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」。今や家電の見本市に自動車メーカーが出展することは珍しくないが、今年のCESでことのほか強いインパクトを残したメーカーがあった。トヨタ自動車だ。

トヨタが初公開した“自動走行車“

 トヨタのブースの目玉は、高級車「レクサス」をベースにした“自動走行車”のコンセプトカー。天井とフロントグリルに、むき出しに設置された計器類が目を引く。天井のレーザー機器が周囲360度の障害物を検知し、フロントグリルのレーダーは前方のクルマとの車間距離など走行状況を常時把握。GPS(全地球測位システム)で位置確認しながら自動でハンドルを切る。ドライバーがいなくても完全に自動走行ができるシステムで、既に米ミシガン州で公道実験も始めたという。

国道を行き交う「グーグルカー」

 米国では、自動走行車はもはや夢物語ではない。米インターネット検索大手グーグルも昨年9月、開発中の自動走行車を公道で走らせる許可をカリフォルニア州から受けた。今月、カリフォルニアに出張した同僚記者は、サンフランシスコ中心部とグーグル本社のあるマウンテンビューを結ぶ国道101号線で、この「グーグルカー」に2度も遭遇したという。米国では自動走行車は日常生活のすぐそばにある。

 日本でも自動走行車と銘打ったクルマこそないものの、確実かつ急速にその方向へ進化している。

 マツダが昨年11月にフルモデルチェンジした旗艦車種「アテンザ(海外名マツダ6)」。クリーンディーゼルエンジンによる低燃費性能と斬新なデザイン、上質な乗り心地が売りだが、実は自動走行に欠かせない技術もふんだんに盛り込んでいる。マツダはこの一連の技術群を「i-ACTIVSENSE(アイ アクティブセンス)」と名付け、新型アテンザに初めてフル装備した。

 いくつか技術を紹介しよう。まず車体前方に搭載するミリ波レーダーによって、先行車との速度差や車間距離を認識し、自動で走行速度をコントロールする。また車体後方にも同様のレーダーがあり、高速走行中に後方車両が急に接近するなど衝突の危険性を察知すると、いち早く警告を発する。追突事故が起きやすい時速30km以下の低速走行時には、フロントウィンドウにあるレーザーセンサーで先行車を検知し、衝突の危険性が高まると自動ブレーキが効くといった具合だ。

コメント12件コメント/レビュー

 過去の 人類の歴史の経緯では。。完全な モノ等作った例は、一例も無い。。所詮 不完全な ヒトが創ったモノに、期待する方が。。大笑いで或る。。  所詮、モノ創りの上での お遊び。。 そんなもの。。頬って置けばいいのだ。。 其れより、私が危惧することは。。利便さの追及の裏側で、ヒトの五感、感性 直感力を 自然に壊して居る事に、ヒトは気づいて要るのか? 其の方が、私には気に為る 問題で或る。。  ヒトは限りない思考力 欲望を内在させ、豊かさ呑みの  生き方を追求してきた様に 私は想える。。  此の国の 阿部君は成長を語り。。 3.11の原発事故でさえ、大自然からの  警告と了承出来て居ない。。  先日の アルジェリアの 人質の死さえも イスラム社会への。。批判ばかり。。 相手の 立ち位置を 理解出来ていない。。  真実は常に表裏一体 己の立ち位置で常に変化する  真実は常に 己の見えぬ処に或る  先進国は、常に己を 正当化するのみ。。残念  28日 怒れ ライターマン(2013/01/28)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 過去の 人類の歴史の経緯では。。完全な モノ等作った例は、一例も無い。。所詮 不完全な ヒトが創ったモノに、期待する方が。。大笑いで或る。。  所詮、モノ創りの上での お遊び。。 そんなもの。。頬って置けばいいのだ。。 其れより、私が危惧することは。。利便さの追及の裏側で、ヒトの五感、感性 直感力を 自然に壊して居る事に、ヒトは気づいて要るのか? 其の方が、私には気に為る 問題で或る。。  ヒトは限りない思考力 欲望を内在させ、豊かさ呑みの  生き方を追求してきた様に 私は想える。。  此の国の 阿部君は成長を語り。。 3.11の原発事故でさえ、大自然からの  警告と了承出来て居ない。。  先日の アルジェリアの 人質の死さえも イスラム社会への。。批判ばかり。。 相手の 立ち位置を 理解出来ていない。。  真実は常に表裏一体 己の立ち位置で常に変化する  真実は常に 己の見えぬ処に或る  先進国は、常に己を 正当化するのみ。。残念  28日 怒れ ライターマン(2013/01/28)

自動運転車、非常に素晴らしいですね。人間社会に莫大な貢献をするでしょう。(2013/01/28)

こういう記事でいいのでしょうか?生活を変えずに「こういうものはあまり面白くない」というのではなく「こういうものでこういう風に生活が変わる」と考えるべきではないでしょうか?例えば、 1.グーグルカーを使用するとか保険料が上がるかもしれないし、別途審査が必要になるかもしれないが、運転免許が不要になる。京都で転換を持病に持つ方が交通事故を起こしました。状況から発作は起きておらず、最初の事故でパニックになったように見えます。でもグーグルカーなら最初の事故が起きなかったかもしれません 2.YouTubeに、緩いカーブの道でタイヤがバーストして対向車線に突っ込むバンの動画がありますが、タイヤがバーストした瞬間に逆ハンドルを切ることができるかもしれません 3.タクシーの在り方が変わるかもしれません(2013/01/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長