• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アベノミクスが見せる日本の弱さ

減税と投資の効果を測り直せ

2013年2月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「アベノミクス!? それは上手くいくのかい」

 安倍晋三首相が昨年末、就任する少し前、知人の米国人と話していたら、「へぇ」という顔と共に彼が聞いてきたのがこれだった。

 特に政治・経済の専門家でも、事情通でもない彼のような普通の米国人が「人名+ミクス」と聞けば、大抵思い起こすのは、ロナルド・レーガン元大統領。1981年にホワイトハウスに入った彼が打ち出した経済政策はレーガノミクスとして広く知られているからだ。

 減税と歳出削減、規制緩和による小さな政府で民間の活力を引き出し、一方で高金利政策によりインフレを抑え、強いドルを実現するというレーガノミクスは、景気低迷を国による需要創出を中心にしたケインズ的政策で乗り切り、経済を安定させる、それ以前の大きな政府型思想を一転させて広く知られた。

 だが、歳出で福祉予算を減らす一方、軍事費を増大したため歳出全体は減らないまま。一方、「減税→企業投資拡大→企業主導の景気回復→税収増」の目論見は外れ、大型減税だけが効いたため、財政赤字は89年までの任期中、激増する結果となった。さらに高金利政策も、ドル高から輸出減・輸入増大をもたらして1期目の途中まで上手くはいかなかった。

 潮目が変わったのは、高金利政策を一擲した後半から。金利低下によるドル安への反転で輸出を回復させ、85年のプラザ合意による一段のドル安はさらにそれを加速させた。加えて、当初の狙い通り企業部門を活性化させなかった減税が個人消費の盛り上がりをもたらして景気回復を演出する格好となったのである。

 景気回復という結果を良しとすれば「全て良し」となるが、レーガノミクスそれ自体が成功と言えるのかどうか、当の米国人にも判然としないのはこの辺りの事情による。「アベノミクスは上手くいくのか」と聞いてきた件の米国人の問いの底に潜む小さな含み笑いにはそんな含意もあるのだろう。

財源なく進む巨額の企業減税

 その目で見ればアベノミクスはどうだろう。これが「大胆な金融政策」と「機動的な財政政策」、そして「民間投資を引き出す成長戦略」の3本の矢からなるのは知られる通り。既に景気対策の10兆3000億円を含む総事業費20兆2000億円の緊急経済対策を決め、日銀が物価上昇率2%を達成するまで金融緩和を続けることも政府・日銀の共同文書に明記されている。

 矢は次々と放たれているというわけだが、点検するまでもなく気づくのは、アベノミクスは経済学で言うところのサプライサイド(供給側)とデマンドサイド(需要側)、それぞれのてこ入れを一遍に盛り込んでスタートさせているということだ。

コメント6件コメント/レビュー

三本の矢は昔、矛盾 ―ホコとタテ― と言っていた仲間にイノベーションという、目に見えぬ人のやる気や知識の結集、希望を委ねて見果てぬ夢を見続けようというものだ。財政政策・金融緩和・成長戦略と夫々矢の名前はいい。三本の矢の故事に習っていろいろと鼓舞されるもいい。肝心なのはこう掲げた上は、えこひいきしない組み合わせ、組み合わせに軽重の間違いなきを期し文字通り自己矛盾に満ちたものにならぬよう、上手い舵取りが必須だ。特に財政政策・施策=財政出動。財政出動=族議員跋扈もうたくさんだ。加えて日本が不得手な成長戦略分野の見定めは、大きな過ちを犯した国策風旗振り原発推進でない日本の叡智の成果物であって欲しい。とてつもない大きな国版の起業ファンドをどの分野に―と問われているのにちっぽけな有識者集団で決めている―こんなことでは夢はつなげない。分野間の足の引っ張り合いや我田引水への偏重は金額以上に要注意だ。(2013/02/05)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「アベノミクスが見せる日本の弱さ」の著者

田村 賢司

田村 賢司(たむら・けんじ)

日経ビジネス主任編集委員

日経レストラン、日経ビジネス、日経ベンチャー、日経ネットトレーディングなどの編集部を経て2002年から日経ビジネス編集委員。税・財政、年金、企業財務、企業会計、マクロ経済などが専門分野。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

三本の矢は昔、矛盾 ―ホコとタテ― と言っていた仲間にイノベーションという、目に見えぬ人のやる気や知識の結集、希望を委ねて見果てぬ夢を見続けようというものだ。財政政策・金融緩和・成長戦略と夫々矢の名前はいい。三本の矢の故事に習っていろいろと鼓舞されるもいい。肝心なのはこう掲げた上は、えこひいきしない組み合わせ、組み合わせに軽重の間違いなきを期し文字通り自己矛盾に満ちたものにならぬよう、上手い舵取りが必須だ。特に財政政策・施策=財政出動。財政出動=族議員跋扈もうたくさんだ。加えて日本が不得手な成長戦略分野の見定めは、大きな過ちを犯した国策風旗振り原発推進でない日本の叡智の成果物であって欲しい。とてつもない大きな国版の起業ファンドをどの分野に―と問われているのにちっぽけな有識者集団で決めている―こんなことでは夢はつなげない。分野間の足の引っ張り合いや我田引水への偏重は金額以上に要注意だ。(2013/02/05)

「減税と投資の効果を測り直せ」と言ってもねぇ。減税による効果も投資の効果も、これを減らしたから、ここに影響が現れるとか、これに投資したからここに影響が現れるなんてそんなにリニアで単純なものではないでしょう。間には様々な媒介変数が介在して因果関係は形成されており、「なんか、いつの間にか景気が良くなってる」っていうのが現実じゃないですか?著者に減税と投資の効果を測り直すための明確な、具体的指標があるのなら提示して下さいよ。それを提示できないで「減税と投資の効果を測り直せ」と言うのなら私にも言えます。誰でも言えるし、反論できないことですから。要するに「人殺しはいけないことだ」と誰もが反論できないことを言ってるだけのことでしかない。重要なのは人殺しを防ぐ具体策は何か?なのです。私が思うに、アベノミクスの狙いはデフレ下で硬直してしまったお金の動きに揺さぶりをかけ、できればしまい込まれた個人の金融資産にも表舞台に出てきてGDPの増大に一役買って欲しいと言うことなんだと思います。いわば、湖面に石を投げて波を起こすように、減税と投資によって経済に波を起こすことを意図していると思います。一旦、波が起きたらその状況を見ながらその波をさらに大きなものに増幅させてゆく。そういう作戦ではないかと。だから、とりあえずジャブを繰り出して、その反応や結果を見つつ、次のパンチを考えるということなのではないでしょうか。  J.Y(2013/02/05)

景気を浮揚させていかなければならないこの時期に、なぜ日経さんは景気を冷やすような警告ばかり発するのか? 意味が分からない。こうすれば、もっと景気が良くなる、こうすればもっと明るくなる、こうした方がきっといい。そういう展望もかたらず、ただ、不安ばかりあおる。それがこの失われた20年などという状況を作ったことがいまだにわかっていない。危機をあおる商売があることは理解できるが、それを続けていけばデフレスパイラルにはまり、結局は損をする。マスコミは自らの首を絞めているのを気づいた方がいい。(2013/02/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長