• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「不愉快な未来」を回避する4つの行動

「地球社会への最終警告書」を読み解く(最終回)

  • ヨルゲン・ランダース

バックナンバー

2013年3月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1972年に世界的シンクタンク、ローマ・クラブが出した世界予測『成長の限界』は、資源枯渇や持続可能性について全世界が考えるきっかけになった。40年後の今、著者の一人、ヨルゲン・ランダースが『2052 今後40年のグローバル予測』を発表した。最終回の今回は、昨年5月にWWF(世界自然保護基金)年次総会でランダースが行った講演のハイライトをお届けする。

 私が予測する2052年までの地球の未来は非常に暗い。破滅に至るわけではないが、21世紀半ばまでの人類の状況を心から心配する人々にとって、見えてきた未来の姿は期待をはるかに下回るものだった。今から手を打てば軌道修正は十分可能であるのに、40年後それが実現できていないことに、予測した私自身、失望させられた。

 まず、私が予測する2052年には、かなりの数の人が貧困にあえいでいる。人口は現在危惧されるほどには増えないが、多くの人が悲惨な暮らしを強いられることに変わりはない。依然として、およそ30億人が物質的に満足できる水準には届かず、食糧や住居の不足に苦しみ、不健康で危険な生活をしている。今後40年の間に、貧困問題を解決するための努力がいくらかなされるが、2052年までに解消するには至らないだろう。

 また、現在、富裕国に暮らす10億の人々の未来も、明るいとは言い難い。その平均的な市民にとってこれからの40年間は、実質賃金が増えない時代となる。どれほど懸命に働いても、1人当たりの年間消費額は、インフレ調整済みのドルに換算すると、今と変わらないか、悪くすると減少する。

 これは前回述べたように、次々に新たな問題が国を襲い、その対策に費用がかさむようになるからだ。例えば、気候変動の加速を防ぐために、よりクリーンで高価なエネルギーシステムを構築し、家庭や車や工場のエネルギー効率も高めなければならない。ますます激しさを増す異常気象によってもたらされる被害を復旧するのにも金がかかる。また、希少な資源の代替品を見つけるための調査や開発も進めなければならない。

コメント4

「2052年からの警告」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師