• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

おカネよりも経験値を上げることが一番大事

クリエイターのモチベーションアップとマネジメント(1)

2013年3月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 以前、勤めていた会社で若手社員のモチベーションに関する意識調査を実施した時に、非常に興味深い結果が出てきた。

 この会社の事業は元気のよい小売業に属するため、比較的アグレッシブな人材が多いと思っていたのだが、ほかの会社と同じで、人間関係(同僚との円満な関係)や適職(今の職が自分にあっているか)がモチベーションの中心的な要素になっていた。

 その一方、昇給や昇進というのが相対的に低く、あまりモチベーションアップにつながらないことが判明したのだ。このことは昨今の時勢を示しており、マネジメントが大きく見誤るところかと思う。

 分かりやすく言えば「お金をあげれば、そして偉くすれば、一生懸命に働く」というのはもはや幻想であり、昔のマネジメント手法となってしまった。「あいつもうそろそろ課長ぐらいにしてやるか。そうすれば自覚も出るだろう」という手法は今や全く通用しないのだ。 

経験値をアップさせることが金銭に換えがたいことを知っている

 これまで様々なクリエイター企業をみてきたが、クリエイターはけっしておカネだけでは動かないし、お金で行動してもらうことの限界は感じていた。より面白い仕事、高名なプランナー、著名なデザイナーなど、自分よりも上位のクリエイターと一緒に仕事をしたがる若いクリエイターならば、もっともなことである。給与のアップより経験値を上げることを優先するのは、他者からの認知を拠り所にしている彼らにしてみれば、当たり前のことともいえる。

 また、クリエイターの中には、「次の会社でお金は回収するからいいや」と安月給ながら率先して面白そうなプロジェクトにジョインする人もいた。彼らは経験値をアップさせることが金銭に換えがたいことを熟知しているのだ。 

 役職や時としてお金ですらインセンティブにならない職人気質の社員がクリエイター企業には多く存在する。そして、経験上、有能なクリエイターは多かれ少なかれ、そのような傾向があり、むしろお金よりも仕事の評価そのものを重視している。

 そこで、インセンティブとしては、仕事の領域を拡げるようなチャンスだったり、決裁範囲だったり、あるいは人事権だったり、よりコンテンツやサービスを磨き上げられるような様々な研修や視察の機会を用意したりもする。

 また、報奨も金銭だけではなく、例えば、社員同士が賞賛し合う仕組みをつくり、報奨内容も社員自らが決定する仕組みを取り入れたりもした。中でも見事だったのは、有給休暇の強制使用権の授与という報奨を企画した社員がいた。

コメント0

「クリ経」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長