• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トヨタ、不振の欧州に春は来るか

超小型EVで「保守的」イメージを打破

  • 伊藤 正倫

バックナンバー

2013年3月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月上旬、まだ寒さの残るスイスでジュネーブ国際自動車ショーを取材した。欧州では金融危機こそ小康状態だが、失業率は高止まりしており、街にはどことなく沈滞ムードが漂う。しかし、さすがにモーターショー会場は別世界。本場、欧州の高級車ブースがずらりと並ぶフロアは壮観。関係者の表情は一様に自信に満ちていた。

 一般公開に先立つプレスデーで報道陣の注目を最も集めたのが、伊スポーツカーメーカー、フェラーリだった。同社初の市販HV(ハイブリッド車)、「ラ・フェラーリ」を披露、拍手と歓声が鳴りやまなかった。赤い流線型の車体という伝統のデザインを踏襲しつつも、フロントグリル周辺は斬新なイメージ。そんなクルマが、HVシステム採用により従来モデルから排出ガスを大幅に低減した。停止時から時速100kmまで3秒以下で加速する、抜群の走行性能も健在だ。

 もっとも、このラ・フェラーリは499台の限定販売。価格は1億円を超えるとみられ、買い手は一握りの超富裕層だ。モーターショーを彩る“華”だったことは確かだが、街中で走る姿を見かけることはほとんどないだろう。ましてや、今後の自動車産業のトレンドを左右する存在にはなり得ない。

 これに対し、未来のクルマを予感させたのがトヨタ自動車だった。

トヨタが披露した2人乗り超小型EV「i-ROAD」

 モーターショーでトヨタが目玉に据えたのが、2人乗り超小型EV(電気自動車)のコンセプトカー「i-ROAD(アイロード)」だった。記者向けのプレスデーには数時間おきに走行デモを実施。デザインの目新しさに加えて、保守的なイメージの強いトヨタが、まだ市場が確立していない超小型車を発表した意外感も手伝ってか、フェラーリに負けないほど現地メディアの注目を集めていた。

 i-ROADは車幅が85cm、全長235cmと、少し大きめのスクーターほどのサイズ。開発した製品企画部の谷中壯弘氏は「車線を占有することなく、スクーターのように車線内を自動車と並行して走ることができる」と話す。リチウムイオン電池を搭載し、1回の充電での航続距離は約50kmだ。

 左右の車輪をつなぐシャフトを車体の中心1ヵ所でだけ固定。旋回時にシャフトがシーソーのように動く。車体は自然に傾き、走行時の安定性も高い。運転が楽しくなりそうだ。

「交通事情の改善」に貢献

 「細い路地が多い欧州の都市では交通渋滞が起きやすく、駐車場も不足しているが、i-ROADはこうした問題を緩和できる」とトヨタモーターヨーロッパのミシェル・ガルデル副社長は力を込める。スクーター並みのサイズなら細い路地もスムーズに走行できるし、欧州では一般的な路上駐車をしても、通行の妨げになりにくい。ちゃんと屋根も付いているから、天候や季節を問わずに使える。

コメント6件コメント/レビュー

iなんとかなんて名前は・・・やはりマーケティングが下手ですね。トヨタ=ださい イメージが残ります。(2013/03/26)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

iなんとかなんて名前は・・・やはりマーケティングが下手ですね。トヨタ=ださい イメージが残ります。(2013/03/26)

1ページ目で製品企画部の方が「車線を占有することなく、スクーターのように車線内を自動車と並行して走ることができる」と言っていたとありましたが、どんな車両でも車線内を並走してはいけません。私は二輪車乗りですが巷の車間を取らない走り方を大いに問題視しています。もっとも、駐停車や右左折待ちなどの横をすり抜けたり、あまりに遅い車を追い越したりと一時的に並走する場合、車幅の狭さはとても有効。例えば路上駐車は危険だし二輪車道にも迷惑ですが、幅が狭ければその迷惑度は下がります。また駐車場でも運用次第ではたくさん停めやすいなど、同じような路上占有面積でも全長の短い車よりいろいろメリットはあると思っていて、実は「i-ROAD」にはとても期待しています。逆に弱点としては車両の操作や挙動が二輪車的なので多くの人に受け入れてもらいにくいことが考えられます。とはいえ二輪車乗りとしてはこのような"耐候性のあるバイク"は一つの理想形です(2013/03/25)

航続距離50Kmでは話にならないとコメントされた方へ。私実家は超の付く田舎(合併前の行政区分は“村”でした)で、現在も都会の方がうらやむ(?)ほど自然豊かな地に住んでおりますが、どちらの地でも日常生活で往復50km以上の走行が必要なことなんてありませんよ。スタンドの心配をされていますが、これはEVですから当然家庭で充電できるでしょう。そもそも仮に50km以上走れたとしても、そんな長距離の移動でこんなちゃちな(失礼)乗り物を移動手段に選ぶわけないでしょう。国内の需要の話をしているのに「過疎化が進む日本」というフレーズで「日常生活に往復50km以上の走行を強いられる僻地」だけを想定して「話にならない」というのはおかしいのではないでしょうか。もちろん、買い物に50km以上の走行を強いられる僻地に住んで苦労されている方もたくさんいらっしゃるでしょうが、そのような方に「この車で解決!」と言っているわけではありませんよ。(2013/03/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表