• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「原爆」が「原発」に語ること

福島の被災者、広島へ

2013年3月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 平和のシンボル、原爆ドーム。プラカードを頭から下げた1人の男性が毎朝、この前に立つ。訪れる観光客に「原発の是非を問う住民投票」実施の署名を求めている。プラカードには大きく、「福島県南相馬市 衣山弘人」と書かれている。

毎朝9時にドーム前に立つ

原爆ドーム前で署名運動

 衣山弘人さん(54)。福島第一原子力発電所から18kmの南相馬に住んでいた。爆発直前の3月12日、「虫の知らせ」がして家族3人と母親をバンに乗せて、避難を開始した。衣山さんは山形・蔵王、新潟市、福井・敦賀の避難所を転々とし、広島に辿り着いたのは3月26日だった。

318人の被災者が広島にやってきた

 避難で生まれて初めて広島の地を踏んだ。縁もゆかりもない土地に衣山さんが移住を決めたのは、「避難候補の自治体に問い合わせた時、どこよりも受け入れ態勢がしっかりしていた」からだという。着いたその日から市営住宅に入ることができた。

 署名活動を始めようと思い立ったのは、広島に原子爆弾が落とされた8月6日のことである。衣山さんの親戚は6人が津波に飲まれている。慰霊のために平和記念式典に参列していると、想いがこみ上げてきた。「核兵器も原発も、もとは同じ核。何か行動を起こせないだろうか」。

 原爆ドームでガイドをしている胎内被爆者の男性(66)とともに「核の恐怖」を語りかける日が続く。署名は今年2月、2万人を突破した。

オススメ情報

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「「原爆」が「原発」に語ること」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

ジャーナリスト、浄土宗僧侶

1974年、京都市生まれ。新聞記者、日経ビジネス記者、日経おとなのOFF副編集長などを歴任後、2018年に独立。「宗教と社会」をテーマに取材を続ける。正覚寺副住職、浄土宗総合研究所嘱託研究員、東京農業大学非常勤講師。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(日本の住宅政策は)いつまでたっても短期主義から抜け出せない。

長嶋 修 不動産コンサルタント