• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「普通のクリエイターはここが限界、だけど君はそれ以上だよね」

クリエイターのモチベーションアップとマネジメント(2)

2013年4月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 あるアパレル専門学校の卒業制作のファッションショーで審査員をさせていただいた際、その学校の校長先生が興味深いことをおっしゃっていた。

 アパレル専門学校では、やはりモード系やオートクチュールなどのデザイン重視かと思いきや、この学校では違う。

 「どのようなシーンでも着用できる服を」というコンセプトを掲げている、と言うのだ。

  アパレル専門学校という性質から洋服が好きな学生がたくさん在籍するために、商品開発というよりも作品発表という色合いが強くなりがちな面があり、こうしてことあるごとに戒め、「商品開発重視」のコンセプトを話されていると思われた。一方、実際の企業においても、こういった話はよく耳にする。ブランドやマテリアルへの愛情・嗜好から会社の商品を使ってその嗜好を具現化しようとしてしまい、クリエイターが「商品」ではなく「作品」を作ってしまう。あるいは、全く収支に無頓着のまま趣味性に走って商品開発をしてしまうことが生じるのだ。

 映画の業界でも、そのような話を耳にしたことがある。自分が好きな監督や俳優の映画を市場ニーズ(日本人の嗜好性や時代にあった商品価値)に関係なく買い付けてしまう、これでは商売は成り立たない。こういった作品を商品に引き戻してビジネスモデルを構築することが、クリエイター・職人気質の企業経営において課せられた一番のポイントであると思う。

好きなことしかやりたがらないクリエイター

 では、「好きなこと」「関心があること」しか、やりたがらないクリエイターに対してどのようにして、会社の方針に沿いながらも、生き生きと仕事をしてもらうのか。言い換えればクリエイターの強い「自己顕示欲」を生かしたまま、彼らの「好きではないこと」をどのようにマネジメントしていくのであろうか。

 その術とは、リアルなキャリアパスの仕組みをクリエイターとの対話によってしっかり見いだすことである。クリエイターの長であり予算管理や成果管理責任まで担っているプロデューサーやMD職の人間たちはこのあたりのマネジメントがとても上手である。クリエイターたちが気持ちよく働くための環境整備を含めた場の設定、メンバーの多様性の確保、プロセス整備、ストーリー作り、等々を彼らは実にうまく対応する。

 昨今は仲間意識を重視する若者も多く、他人を飛び越えて成長することを良しとしない傾向がある。だからと言ってクリエイターとしての腕が劣っている訳ではない。そのような環境の中で、彼らは縛りつけるでも、泳がすでもない絶妙なマネジメントをおこなってくれるのだ。

 具体的なプロデューサーやMD職の手法はこうである。各クリエイターが将来どうなりたいのかを踏まえてレールを敷くに当たり、そのクリエイター本人が本気で好きなことは何かを把握する一方、現状では経験不足な部分、要するに「好きではないこと」を指摘し気づかせ自主的に行動に移るように誘導するのである。駆け出しのクリエイターであれば、ある程度頭ごなしの指示をして強引にレールに乗せることもあるが、キャリアが長いクリエイターは指示だけではけっして良い仕事をしない上に、自分の経験不足を容易には認めない。そのために、指示する側は、その業務の大事さをとうとうと説明する。

 また指示する側がその業務を経験していない場合や相手の実務キャリアが長い場合は、理屈を言ってもまず共感は得られないので「あなたの経験を元に是非協力してもらいたい」という形で話をし、自らも寄り添って共に仕事をする姿を見せるなど工夫をしている。

コメント0

「クリ経」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師