• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「世界一になる」と思って成功した人に話を聞く

「全国人材発展協会」代表に聞くココロの持ちよう

2013年4月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いつも『明日の決定学』をご覧いただき、ありがとうございます。34回目の今回は、世界一マインドを持つ、後藤勇人さんとの対談でお届けしたいと思います。

 違う世界の方と話しをすると、とても勉強になるものです。同じ世界で、同じ人と接していると、だんだん刺激もなくなってきます。刺激は、思考を変えてくれます。思考は、行動を変えてくれます。是非、異色なお2人の会話から、いい刺激を得てください。

テクニックも、マインドも

横田:こんにちは。今回は「世界一」を目指す企業や人に役立つ対談として、後藤さんのマインドを引き出そうという企画で、対談を始めたいと思います。

 後藤さん、今日は宜しくお願いします。

 私のロジックと後藤さんのマインドが、この対談で一緒になることで、経営者やエグゼクティブ・リーダー、そして、個人の成長に大いに役立つのではないかと思っています。その当たり、自己紹介を兼ねて、後藤さんの取り組まれていることをお話しいただけますか?

後藤:始めまして、後藤勇人と申します。本日は、よろしくお願いいたします。それでは、私の簡単な自己紹介をさせていただきます。私は、人材育成組織「全国人材発展協会」代表と、ヘアサロン・日焼けサロン、アパート賃貸、セミナー業などを業務とする会社 BKプロジェクトの代表取締役社長をしております。

 現在の仕事は、サロン経営などの実業と、人材育成をサポートするセミナー事業やコンサルティングなどを手掛けております。具体的には、テクニック×マインド=結果という考え方から、テクニックやノウハウに頼り過ぎて、ビジネスが上手くいかないビジネスパーソンに、結果を出すマインドの大切さを説くセミナーや講演の開催、また、夢を実現するための朝の習慣などを提供しております。

決断に必要なのは、正しい情報と冷静さ

横田:後藤さんは、私とずいぶん違う世界で、活躍されてこられたのですね。どうりで、いままでお会いする機会がなかったわけですね。

 これまで経営者として、いろいろな事業を手掛けられたわけですが、その時々で、やはり大きな決断といいますか、決定ということを繰り返されてきたと思います。

 このコラムでは、私が企業の経営者、エグゼクティブ層に向けて、『明日の決定学』の大切さをお伝えしております。

 きっと、後藤さんにも重要な場面で、「明日の決定」をされたと思います。そういう時に、何を重要として行われてきたのか、お伺いしてもよろしいでしょうか。

後藤:そうですね、私は24歳で最初のヘアサロンを出店してから、24年間経営者をしています。その間には、様々な重要な決断をしてきました。

 32歳の時に、ヘアサロン2店、ショットBAR、日焼けサロンなど、複数のお店を経営していましたので、舵取りが大変でした。ですから、決断の大切さは本当に心から感じています。経営者やリーダーは、決断能力の高さが、そのままリーダーの能力の高さだと感じます。特に、問題が起きた時の決断は、その後の会社存続や組織の行く先、その後の組織力に大きく影響すると思います。

コメント0

「「明日の決定学」」のバックナンバー

一覧

「「世界一になる」と思って成功した人に話を聞く」の著者

横田 尚哉

横田 尚哉(よこた・ひさや)

ファンクショナル・アプローチ研究所

顧客サービスを最大化させる経営改善コンサルタント。米GEの価値工学に基づく改善手法を取り入れ10年間で総額1兆円の公共事業改善に乗り出し、コスト縮減総額2000億円を実現させる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授