• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

キプロス、ユーロ離脱第1号への道

2013年4月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ユーロ圏の、というよりも正確にはトルコ南部の中東付近に浮かぶ小島と言った方が良さそうなキプロスが、世界の耳目を集め金融市場に緊張感をもたらした。今回の報道で、あらためて世界地図をご覧になった方も多いだろう。観光地として有名とは言っても、それは英国やドイツ、あるいはロシアの人々にとってのことであって、壁画聖堂群などの世界遺産があるとはいえ、日本人にはなじみは薄い。

 そんなキプロスで、欧州連合(EU)から支援を受けるために預金に課税するといった耳慣れない報道が世界を駆け巡り、2月のイタリア総選挙で嫌な空気が戻り始めていたユーロに、さらなる打撃が加わった。為替市場の目玉は、もはや円売りではなくユーロの売り戻しである。

既に事実上崩壊していた大手銀行

 キプロスがEUに支援を要請したのは、2012年6月のことであった。だが当時、欧州はギリシャ、スペイン、イタリアといった国々の問題で手一杯であり、ユーロ圏の経済規模に対し0.2%程度の小国に関与している暇は無かった。またEU首脳らは、当時の同国政権を信用できる交渉相手として見なしておらず、今年2月の選挙での新大統領の登場を待って抜本的な対策を講じる、という先送り策を講じていた。つまりこの1年近くにわたり、事実上崩壊していた同国の大手銀行を延命させていたのである。

 今回の同国支援の顛末については既に詳細な報道が行われているので、反復は避けよう。市場の観点から主な注目ポイントを整理すれば、次の通りである。

(1)なぜEUはキプロスに冷たい態度を採ったのか
(2)なぜロシアはキプロスを助けなかったのか
(3)次の支援国は何処なのか
(4)金融支援の「ベイル・イン(債権者負担)」は何をもたらすか
(5)キプロスは100億ユーロの融資を返済できるのか
(6)キプロスはユーロを離脱するのだろうか

 以下、一つずつ推論を交えながら述べてみよう。

預金者まで強制負担という厳しい措置

 まず今回EUがキプロスに「預金課税」を迫ったことは、金融市場で働く人間だけでなく誰にでも「想定外」の出来事であっただろう。預金には「預金保険」がある。キプロスにも2000年9月に10万ユーロ未満の預金は保護される制度が導入された、と同国中銀のホームページもちゃんと書いてある。

 だから、資金洗浄などの噂があったとしても、同国民はその保険制度を信用して銀行におカネを預け続けていたのだろう。だがEUが当初持ち出した支援条件は、小口預金を含むすべての預金に課税する、つまり小口も含めてすべての預金元本が削減されるという、驚愕の要求であった。

コメント6件コメント/レビュー

ローマ帝国再びの夢は所詮夢でしたとさ。 それにしても、上(貴族・投資家・政治家)が勝手にやったアレコレで庶民が割りを喰うどころか、生活できない状態に陥る最低ないつもの構図は救いが無くて見たくないです。 科学技術以外、人間は進歩してないですよねぇ。。。(2013/04/05)

「倉都康行の世界金融時評」のバックナンバー

一覧

「キプロス、ユーロ離脱第1号への道」の著者

倉都 康行

倉都 康行(くらつ・やすゆき)

RPテック代表

1979年東京大学経済学部卒業後、東京銀行入行。東京、香港、ロンドンに勤務。バンカース・トラスト、チェース・マンハッタン銀行のマネージングディレクターを経て2001年RPテック株式会社を設立、代表取締役。立教大学経済学部兼任講師。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ローマ帝国再びの夢は所詮夢でしたとさ。 それにしても、上(貴族・投資家・政治家)が勝手にやったアレコレで庶民が割りを喰うどころか、生活できない状態に陥る最低ないつもの構図は救いが無くて見たくないです。 科学技術以外、人間は進歩してないですよねぇ。。。(2013/04/05)

キプロスには、PIIGS諸国には無い「奥の手」があります。それは「北キプロス主導での再統一によるEU離脱」です。国連選挙監視団の下で正当な国民投票を経て上記の結論が支持された場合、南キプロスがEUと交わした合意についても、非EU加盟国である北キプロスが統一政権となった場合には再交渉せざるを得ないでしょう。また、ドイツの選挙民も「再統一支援」という錦の御旗を持ち出されては自ら再統一を経験した身として反対しにくいでしょう。(2013/04/04)

私はEUが旧西ヨーロッパの国々の枠を超えて旧東ヨーロッパ圏に拡大を始めた頃から、「何をそんなに急ぐのか」という感じがしていた。ヨーロッパの後進国がEU加盟すれば西ヨーロッパ並の発展を享受出来るという思い込みがあったのだろうが、問題は受け入れ側。経済基盤が確りしていない国々を加盟させ、通貨まで共通にしたら問題が起こる事は予測されていた筈だ。にも拘らずユーロ圏離脱のルールすら策定されていなかった事が驚きだ。弱小国の加盟でもドイツやフランス等は経済効果を得られるとの期待があったとしか思えない。そういった期待感無しにリスクの高い不安定な国々をEUに、ましてやユーロ圏に加盟させる等あり得ない。このところ破綻予備軍に対する甘い対応が多くなっていて、金がいくらあっても足りない状況に陥っている。キプロスは民族的にはギリシャ系とトルコ系が混在しているが、地域的には「アジア」である。そんな国までEU加盟させたのはギリシャ系住民への支援くらいに軽く考えていたのではないだろうか。ギリシャですら産業が観光以外何も無く、経済基盤は「無」に等しい不安定な国であるのに、民族紛争地でもあるキプロスの加盟受け入れを決めた責任は確りとってもらう必要がある。「小さい乍らも市場の拡大」と良いところだけを見て判断した訳ではないのだから。資金援助したら回復する見込みがあるのなら支援したら良いだろうし、見込みが無いなら批判に曝されようが切り捨てるべきである。ぐずぐず中途半端な対応をするのは最悪の選択だ。(2013/04/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長