• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

コンビニ“大量閉店時代”は来るのか

出店競争にローソンが背を向けるワケ

2013年4月23日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 また新しいコンビニエンスストアが近所にオープンした。ここ1~2年で、私が住む東京都内の自宅マンションから徒歩10分圏内にできたコンビニは実に4店舗。余計なお世話かもしれないが、「こんなにお店ができて、経営は大丈夫なのか」と心配になってしまうほどだ。どの店もそれなりにお客が入っているように見えるが、以前からあったコンビニ店は客を奪われているのは間違いない。

 同じような現象は読者の方々が住む多くの町でも起きていることだろう。2013年2月期、コンビニ大手は過去最大規模の出店を実施。セブン-イレブン・ジャパンは前期比153店舗増の1354店舗。2位のローソンは172店舗増の938店舗、3位のファミリーマートは49店舗増の900店舗を出店。至る所で出店競争を繰り広げてきた。業界全体でも出店の限界とされてきた国内5万店舗の壁を昨年11月に突破した。

 激化する一方だった出店競争に、異変が起きている。セブンイレブンとファミリーマートは2014年2月期にさらに出店を増やし、揃って1500店舗に高める計画。だが、ローソンは逆に出店を減らす戦略を打ち出したのだ。新規出店を68店舗減らして870店舗に抑える一方、閉店は185店舗増の450店舗にする。規模を拡大する路線を明確に転換する方針を、明らかにした。

出店にブレーキをかけるローソンの店舗(東京都港区)

出店拡大の根拠は“コンビニ進化論”

 なぜなのか。これまでコンビニ各社の出店拡大の根拠になってきたのは、いわゆる“コンビニ進化論”だ。従来は20~50代の男性が中心顧客だったが、客層が拡大。肉や野菜など生鮮品の品揃えを強化して主婦など女性層を取り込む。小サイズのお総菜などを充実させ、宅配サービスも始めてシニア層を掘り起こす。店舗で抽出するコーヒーや味にこだわったフライドチキンなどで外食市場を奪うといった動きで、コンビニの成長の余地が大きくなっているという見方だ。

 「こうした客層拡大は今後も続く」とローソンの新浪剛史社長は話すが、それ以上に出店競争が激化して、出店のハードルは上がっている。ローソンの場合、2013年2月期の新店舗の1日当たり販売額は前年をやや下回る程度。ライバルと比べても堅調だが、既存店売上高は前の期比で横ばいと、伸び率は鈍化している。ライバルではセブンイレブンを除くと、既存店売上高がマイナスになるチェーンも目立つ。コンビニがいかに進化しようとも、狭い商圏に店舗が乱立すると顧客の奪い合いは避けられない。

 ただ何もしないと出店に積極的なライバルに店舗用地を奪われる。「食うか食われるかの戦いだから、出店を増やす必要がある」(サークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスの中村元彦社長)といった声が目立つ。このため家賃が高くても出店を決めるチェーンが増えているようだ。

 出店拡大を成功させるカギは、店舗開発を支援する本部の人材が握る。「パイロットは簡単に育成できない。飛行機が飛ばせない(店舗が不採算になる)と加盟店にも迷惑をかける」とローソンの新浪社長は慎重だ。10年ほど前にトップに就任した頃に、無理な出店の影響で、不採算店を大量に閉鎖した苦い記憶が頭をよぎる。

コメント6件コメント/レビュー

セブン以外は拡大路線は止めた方が良いと思います。同じ戦略を取ってもシェアNo.1には勝てない。(2013/04/24)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「コンビニ“大量閉店時代”は来るのか」の著者

山崎 良兵

山崎 良兵(やまざき・りょうへい)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス編集部、ニューヨーク支局、日本経済新聞証券部などを経て、2017年1月から日経ビジネス副編集長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

セブン以外は拡大路線は止めた方が良いと思います。同じ戦略を取ってもシェアNo.1には勝てない。(2013/04/24)

知りたかったのは、各店舗のオーナーさん、店長さん、店員さん、さらにはお客さんの意見。実際のところ、どうなのかを、繁華街、ビジネス街、住宅地、ロードサイド、田舎などで取材して欲しかった。個人的な印象では、深夜のコンビニに限っていえば以前よりもかなり空いていると思う。「記者の目」は、現場を見ずに、パソコン画面しか見ていない?www(2013/04/24)

昔のコンビニは、24時間営業で(深夜に買い出しに行かねばならない事態の時に)必要な最低限の物は揃うという店だった。それへのトレードだからこそ、定価販売でも大きな文句は無かった。●今は、不自然な自社優遇製品(売りたい側はオリジナル商品とかPBと呼ぶが)の展示場。TV-CFでガムやジュースが何度宣伝されても並ばない。「試しに買いたい」のだが。その一方でゴミ袋や香典袋という急を要するものは選択肢が無く、おにぎりやサンドイッチは特定時間に欠品が目立つ。空腹に負けて朝5時に入店した際、買う物が無くて驚いたものだ。さらに、店によってはビッグコミック誌が発売日にも並ばなくなった。●野菜を置く店が増えたという記事は読んでいるが、野菜ならデパ地下かスーパーで買う。23時閉店のスーパーが増えたし、そんなスーパーに限ってコミック誌も並べていたりするコンビニが閉店するのは、自業自得だ。(2013/04/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授