• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

実は知らない「給料」が決まるホントのルール(その2)

必要経費の積み上げで、成果の反映はわずか

2013年4月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント12件コメント/レビュー

マルクスの資本論、それ以前のエンゲルスの理想から科学へ(だっけ?)をザーッと読み、「日帝及び資本家は我々日本労働者を搾取し、更に米帝と結託しアジア人民へ搾取の手を拡げようとしている。...我々は日帝の手先である機動隊を殲滅し....」とアジっていた頃を思い出しました。ここで、資本論で給料説明に仰天ですが、一方で、昔の自分は資本論の都合の良い部分即ち、搾取だけをつまみ食いしていたのだと気付きました。木暮様のご説明はロジカルであり、多分正論だと思います。今後の連載が楽しみですが、伝統的な大企業であっても、給与算定には、悪意と善意がが入り込んで来ることにもご留意下さい。(元通信エンジニア 62歳)(2013/05/02)

オススメ情報

「今までで一番やさしい経済ニュースの読み方」のバックナンバー

一覧

「実は知らない「給料」が決まるホントのルール(その2)」の著者

木暮 太一

木暮 太一(こぐれ・たいち)

経済ジャーナリスト

経済ジャーナリスト、社団法人教育コミュニケーション協会の代表理事として、相手の目線に立った話し方・伝え方が、「実務経験者ならでは」と各方面から高評を博し、企業・大学向けに多くの講演活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

マルクスの資本論、それ以前のエンゲルスの理想から科学へ(だっけ?)をザーッと読み、「日帝及び資本家は我々日本労働者を搾取し、更に米帝と結託しアジア人民へ搾取の手を拡げようとしている。...我々は日帝の手先である機動隊を殲滅し....」とアジっていた頃を思い出しました。ここで、資本論で給料説明に仰天ですが、一方で、昔の自分は資本論の都合の良い部分即ち、搾取だけをつまみ食いしていたのだと気付きました。木暮様のご説明はロジカルであり、多分正論だと思います。今後の連載が楽しみですが、伝統的な大企業であっても、給与算定には、悪意と善意がが入り込んで来ることにもご留意下さい。(元通信エンジニア 62歳)(2013/05/02)

分かりやすいように喩えを多用し「噛んで含める」ような書き方をされているのかもしれませんが、使っている喩えが今一つなのか無駄に長くて回りくどいだけで、結局何を言おうとしているのかよくわかりませんでした。 ◆タイトルからして、給与の決まり方は会社それぞれであり、筆者が本当に取り上げようとしている話とは微妙にずれているのでは。そこがまた、全体をわかりにくくしているのだと思います。(2013/04/30)

3日間煮込んだカレーに高い値がつくのは、「たくさんの労力がかかっているから」ではなく、「たくさん煮込んだカレーのほうがおいしいように思えるから」だと思います。「どちらが何分煮込んだカレーかわからないようにして比較」させてみたら、「差は出ない」かもしれませんが、「どちらが何分煮込んだカレーかを明記して比較」させてみたら、「3日間煮込んだ方がおいしい」と答える人が多いと思いますよ。つまり、「10年目の社員の方が高い成果を出すように思える」から給料が高いわけです。これは、これまでは各社員の成果を具体的に計測する手段が乏しかった(また、そうする必要もなかった)からそうなっているだけで、今後は「高い成果を出す社員」を具体的に計測し、高い給料を出す会社が増えると思います。(2013/04/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

断ればいいんです。値段を上げればいいんです。そうしないと労働時間の短縮なんて、できるはずないですよ

神津 里季生 連合会長